So-net無料ブログ作成

善光寺三鎮守、妻科神社 [狛犬・寺社(長野市)]

長野市南長野、妻科の妻科神社。
20150616tsumashina1.JPG

湯福神社、武井神社と並ぶ善光寺三鎮守の一社。
場所は善光寺から見て南西の方角にあり、
長野県庁本庁舎の北側の閑静な住宅街の一角に在ります。

創建年は不明ながらも、情報によれば善光寺開山より歴史が古いとされる古社で、
延喜式における式内社であり、旧社格においては県社となります。

ご祭神は八坂刀売命。
相殿として建御名方命と彦神別命。
湯福神社や武井神社同様に諏訪大社系の神社ですが、
ここでは旦那様ではなく奥方が主祭神として祀られているようですね。

木造の両部鳥居をくぐって境内へ。
20150616tsumashina2.JPG

一段高いところにたつ拝殿。
20150616tsumashina3.JPG

そのさらにもう一段、高台に建っているのが本殿。
20150616tsumashina4.JPG
20150616tsumashina5.JPG
下からだと見えづらく、横に回ってみましたが、、、あまり代わり映えせず。

拝殿向かって右側には天神社。
20150616tsumashina9.JPG
覆い屋かと思って近付いてみると、これ自体が神殿でした。

失礼ながら内部を拝観すると、真ん中に菅公と思しき人物の像。
20150616tsumashina10.JPG

そしてその両脇には木造と思しき狛犬が一対。
20150616tsumashina11.JPG20150616tsumashina12.JPG
いかんせん内部は暗すぎて、フラッシュを焚いてもこの程度でブレまくり。

拝殿前に戻ると、両脇手前には御柱。
20150616tsumashina6.JPG20150616tsumashina7.JPG
諏訪系の神社独特の世界ではありますが、
安曇野では普段見かけないのですよね、御柱って。
なのでこうして諏訪大社以外で御柱を目にすると新鮮な感覚になります。

こちらは昭和6年4月14日建立、県社昇格記念の灯篭(?)。
20150616tsumashina8.JPG

ケヤキの大木が多いのはありがちな話ですが、
それぞれに名札のようなものが取り付けられているのが不思議。
20150616tsumashina13.JPG20150616tsumashina15.JPG
20150616tsumashina14.JPG

氏子の町内ごとの神輿庫。
20150616tsumashina16.JPG

社務所かと思ったら地区の公民館で。
20150616tsumashina17.JPG

社務所はこちらでした。
20150616tsumashina18.JPG

さて、狛犬たちは参道入口の鳥居前両脇に居まして。
20150616tsumashina20.JPG20150616tsumashina21.JPG

居たのは、いかにもといった感じの岡崎現代型。
20150616tsumashina22.JPG20150616tsumashina23.JPG

建立年ですが、阿形の台座には「大正9年(1920)秋 御柱祭記念」とあります。
20150616tsumashina26.JPG20150616tsumashina27.JPG
一方で吽形の台座には「大正10年 9月建設」とあります。
御柱祭に合わせて奉献しようとしたところ、ことのほか設置まで時間がかかり、
けっきょく一年越しになってしまった、、、といった感じなのでしょうかね? よく知りませんが。

多数の奉献者氏名のほか、石工名も確認できました。
20150616tsumashina28.JPG20150616tsumashina29.JPG
20150616tsumashina30.JPG20150616tsumashina31.JPG
「岡崎 酒井孫兵エ 刻」
前エントリー記事の武井神社に引き続き2対目の酒井孫兵衛。
どうして「衛」だけがカタカナで「エ」なのだろうか?

武井神社は大正15年でしたので、こちら妻科神社のほうが年長さん。
デザインは子取り玉取りなのが大きく異なりますが、(←※)
基本的な容姿はほぼ一緒ですね、当たり前ですが。
ただ、細かな(毛並みとか)部分を見てみると、若干の違いが感じられます。
(※なにをトチ狂ったか、武井神社も子取り玉取りのデザインでした。失礼しましたm(__)m)
20150616tsumashina24.JPG20150616tsumashina25.JPG
20150616tsumashina32.JPG20150616tsumashina33.JPG

今回は仕事で遠征したついでの早朝6時頃の訪問で時間的余裕がない取材でしたが、
岡崎現代型でもスルーせずにしっかり観察して各地のものを比較してみると
いろいろ見えてくるものがあって、これはこれで楽しそうですね。
20150616tsumashina34.JPG20150616tsumashina35.JPG

(取材日:2015年6月16日)



コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

善光寺三鎮守、武井神社 [狛犬・寺社(長野市)]

長野市長野東町、武井神社。
20150504takei1.JPG
ふたつ前のエントリー記事の湯福神社と同様、
善光寺七社であり、そして善光寺の三鎮守の神様です。
湯福神社が善光寺西側一帯の町内を氏子としているのに対し、
この武井神社は東側の19町を氏子にしているとのことです。

由緒書きはこちら↓。
20150504takei2.JPG

ご祭神は健御名方神。
相殿神に前八坂刀売神と彦神別神の二柱。
ということで、境内には御柱がズンと立っています。
20150504takei3.JPG

数年前に建て替え工事を行ったらしい、まだ真新しい拝殿の内部に神殿狛犬が一対。
20150504takei5.JPG20150504takei6.JPG
阿形に角、吽形に宝珠が、それぞれの頭に備わっています。
近付いて見られないので年代は不明ですが、そう古い時代のものではなさそう。
でもしっかりと彫り込まれていていい感じです。

本殿。
20150504takei4.JPG

氏子会館(?)。
20150504takei7.JPG

そして社務所。
20150504takei27.JPG

拝殿本殿その他建築物はみな瓦葺なのは
やはり善光寺というお寺の鎮守という性格からでしょうか。

境内の摂末社。

猿田彦神と松尾社。
20150504takei24.JPG20150504takei23.JPG

稲荷社。
20150504takei22.JPG
その稲荷社の隣に写っている社殿は天神社、三峯社、金比羅社。
うっかり写真を撮り忘れ。

雷電の力石なるものもありました。
20150504takei26.JPG20150504takei25.JPG

そして参道狛犬はこちら。
20150504takei8.JPG20150504takei9.JPG
20150504takei10.JPG20150504takei11.JPG
典型的な岡崎現代型。
20150504takei12.JPG20150504takei13.JPG
大正15年(1926)5月建設。
一方の台座には大正丙寅年御柱祭記念とあります。
20150504takei18.JPG20150504takei19.JPG

建設委員の名前が列挙されている一方で石工名もありました。
20150504takei20.JPG
20150504takei21.JPG
岡崎 酒井孫兵衛 刻。

酒井孫兵衛は岡崎石工のなかで最も有名といっていい名跡で
岡崎現代型のデザインを開発確立させた、当時の岡崎を代表する石工ですが、
たぶん自分は酒井孫兵衛の作品を直接目にしたのはこれが初めてだと思います。
(記憶違いでなければ)

自分は岡崎現代型についてこれまで石工ごとの特長とか
そうした細かいこだわりを持たずに、ぶっちゃけスルーに近い状況だったのですが、
少しずつその微細な違いや特徴などに気が向くようになってきました。
といっても、どこがどう異なるのか、石工ごとの特徴がどんなものなのか、
これといって語れるほどのものはまだ持つに至っていないのですが。
(大陸から輸入されている“なんちゃって岡崎”に興味が向かないのは相変わらずですし。)
20150504takei14.JPG20150504takei15.JPG
20150504takei16.JPG20150504takei17.JPG

なんにせよ、酒井孫兵衛作との(たぶん)初対面だった武井神社。
印象に残る神社でした。
20150504takei28.JPG

(取材日:2015年5月4日)




コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日枝神社の御旅所にいる狛犬 [狛犬・寺社(東京都)]

東京都中央区日本橋、茅場町の日枝神社日本橋摂社。
20150620hienihonbashi1.JPG
今日、たまたま東京有楽町にて日帰り出張があり、
昼休みの束の間を利用してどうにか同社を訪問取材してきました。
20150620hienihonbashi2.JPG
東京証券取引所にも程近い、オフィスビル街の真っ只中に境内はあります。

永田町の日枝神社の境外摂社。
創建は天正18年(1590)で、情報によれば
日枝神社の八丁堀北嶋祓所まで神輿が船で神幸したことに始まるとされています。
後年には同社地が御旅所に定まり、明治10年(1877)に現在の日枝神社に改称。
大正4年に日枝神社本社の境外摂社に定まり、現在に至っています。

参道途中から振り返るとこんな感じ。
20150620hienihonbashi3.JPG

参道を抜けて鳥居をくぐると社号標。
20150620hienihonbashi4.JPG

手水舎。
20150620hienihonbashi5.JPG

拝殿と本殿。
20150620hienihonbashi6.JPG20150620hienihonbashi8.JPG
20150620hienihonbashi7.JPG

社務所。
20150620hienihonbashi9.JPG

狛犬は鳥居をくぐったすぐその足元に鎮座していました。
20150620hienihonbashi10.JPG
20150620hienihonbashi11.JPG20150620hienihonbashi12.JPG
20150620hienihonbashi13.JPG20150620hienihonbashi14.JPG

裏書は年代と制作者氏名が。
20150620hienihonbashi25.JPG20150620hienihonbashi26.JPG
「昭和9年(1934)6月 駒込肴町 酒井八右衛門」
「石匠 水道橋 野村保太郎」

井亀泉(せいきせん)一門の仕事です。
昭和9年の酒井八右衛門は三代目の名跡で、
これと石工の野村保太郎がコンビで名を彫られているのは
この前年、昭和8年制作の神田明神の狛犬が有名ですね。
20150620hienihonbashi15.JPG20150620hienihonbashi16.JPG
20150620hienihonbashi17.JPG20150620hienihonbashi18.JPG
20150620hienihonbashi21.JPG20150620hienihonbashi22.JPG

野村保太郎は昭和初期に活躍した東京の石工ですが、
彼の作品では野村保泉の名義でも狛犬が制作されています。
安曇野の穂高神社にいる昭和15年の大型の狛犬も
その名義は野村保泉とされています。
この使い分けについて、明確に記されたものを自分はまだ確認していません。
以前のエントリー記事で、石材店のチームとして制作した作品については保泉名義で、
保太郎本人が直接彫る時には野村保太郎の本名が使われたのでは?
などと書いたこともあったのですが、あるいはそうではなくて
石材店として酒井八右衛門が関与する作品については
保太郎の本名にて請けるというふうに決めていたのかもしれません。
もちろん、これらは推測なので真実をご存知の方がいればぜひ情報をお寄せください。
お待ちしております。

狛犬のデザインはいわゆる招魂社系になるかと思いますが、
飾帯を付けている様子などから東大寺型に近いものといえるかもしれません。
20150620hienihonbashi23.JPG
もっとも、首を思いっきり後方に傾げて天を仰ぎ見る姿はちょっと珍しいですね。
20150620hienihonbashi19.JPG20150620hienihonbashi20.JPG

そんなわけで残念ながら表情をしっかりと観察することは難しいのですが、
目玉の黒目になる部分も明確に彫り込まれているあたり、丁寧な仕事といえると思います。

境内には稲荷社があり、狐さんもいました。
20150620hienihonbashi28.JPG
20150620hienihonbashi29.JPG20150620hienihonbashi30.JPG

大都会のビルに囲まれた境内は決して広くはないですが、
とても清潔に整えられた様子で、狛犬たちもしっかり存在感を示していて
いい雰囲気を感じられました。
20150620hienihonbashi31.JPG

(取材日:2015年6月20日)



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

善光寺三鎮守、湯福神社 [狛犬・寺社(長野市)]

このところ火の見やぐらの更新ばかりだったので、久しぶりに狛犬をば。

長野市箱清水、湯福神社。
20150504yufuku1.JPG
20150504yufuku2.JPG
善光寺の西に鎮座する同社は善光寺の守護神である善光寺七社の一社。
さらに善光寺三鎮守とも呼ばれており、創建年は定かではないですが、
持統天皇5年(691)に風鎮祭の神として、奈良の龍田大神、諏訪大神、
地元の水内大神の三社を勅祭したと記録があるそうです。

ご祭神は健御名方命の荒御魂(あらみたま)。

善光寺表参道の西側一体の15町を氏子としていて、
境内由緒書き看板の裏側にその町名が記されています。
20150504yufuku3.JPG20150504yufuku4.JPG

一の鳥居と二の鳥居。
20150504yufuku41.JPG
20150504yufuku12.JPG

両鳥居の合間には小川が流れていて、なかなかにいい雰囲気です。
20150504yufuku16.JPG

同社は境内に立つ天然記念物のケヤキが有名らしく、
なるほど立派なケヤキの古木が立ち並んでいました。
20150504yufuku13.JPG20150504yufuku14.JPG
20150504yufuku15.JPG

拝殿はそのケヤキの大木の間を抜けた先。
20150504yufuku5.JPG
鈴ではなく鰐口が吊られているのは、やはり善光寺に縁あるところからでしょうか。
御神紋は諏訪大社同様に梶の葉です。

本殿は彫り物が立派で、本殿向かって右側の水神様と
並んでいる建物に神輿が祀られています。
20150504yufuku6.JPG20150504yufuku40.JPG
20150504yufuku7.JPG
20150504yufuku9.JPG20150504yufuku10.JPG

本殿向かって左側には社務所。
20150504yufuku8.JPG

そして拝殿手前には善光廟が。
20150504yufuku11.JPG
これは善光寺の開祖といわれる本田善光の廟で、
なかには善光の墓とされる大石が祀られていました。

さて、狛犬ですが。
20150504yufuku18.JPG20150504yufuku19.JPG
境内正面入り口の両脇、一の鳥居の手前に鎮座。

大正11年(1922)10月建立。
20150504yufuku20.JPG20150504yufuku21.JPG

台座には長野市元善町という地名とともに寄付人の名前が。
20150504yufuku35.JPG20150504yufuku36.JPG
同じ阿吽ともに武井姓。親子かなにかでしょうかね。

尾が足座に流れる様子など全体の雰囲気は江戸型狛犬の特徴を持っていますが、
表情は穏やかというか、笑みを浮かべているような感じにも見えます。
20150504yufuku24.JPG20150504yufuku25.JPG
20150504yufuku28.JPG20150504yufuku29.JPG
20150504yufuku22.JPG20150504yufuku23.JPG

阿吽ともに折れ耳ですが、阿形の片耳が欠損しているようで残念。
20150504yufuku26.JPG20150504yufuku27.JPG
また阿形の足元には子獅子がいるのですが、
こちらはなんと頭がごっそり欠けてしまっています。
20150504yufuku33.JPG20150504yufuku34.JPG
じつはこの状態は同社を取材する前から知っていたのですが、
事前に得た情報ではこの欠けた頭部の変わりに
手書きで顔を描いた小石を据えていた画像を見かけました。
今回の訪問でそのユニークな子獅子と会えることを楽しみにしていたのですが、
その小石の顔もまた欠損してしまったのでしょうか。残念です。
ちなみにその小石の顔は神社の向かいにあるクリーニング屋の店長が
書いたものだったそうです。

吽形の足元は玉。イメージは鞠ですね。
20150504yufuku32.JPG

長野市内の狛犬は岡崎現代型の所在率が非常に高い印象があります。
安曇野を含む松本地方でも、もちろん岡崎型をよく見かけるのですが、
それでも松本エリアではオリジナルデザインの子もけっこういて、
年代的にも江戸期制作という狛犬も少数ながら存在します。
そういう意味では松本より以上に善光寺平においては
狛犬文化の流入が遅かったといえるかもしれませんし、
逆に言えばこの湯福神社の子達はけっこう貴重な存在となりますね。

まあとにかくここは善光寺のお膝元。
ご開帳で賑わう有名寺の守護を務めるというだけでも、
同社の貴重さはじゅうぶんなものといえるわけですが。
20150504yufuku39.JPG
20150504yufuku37.JPG20150504yufuku38.JPG

(取材日:2015年5月4日)



コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

半鐘叩き装置付き火の見やぐら [火の見櫓(須坂市)]

長野県須坂市須坂、本上町の火の見やぐら。
20150504.honkan2.JPG
須坂市街にあり、お隣が保育園といった立地。
閑静な住宅街といった感じで、道路向かいには
須坂市消防団第二分団一部機械器具置場があります。
20150504.honkan4.JPG20150504.honkan7.JPG

スタイルは4脚注、8角形屋根&丸型見張り台。
同地方の標準モデルですが、ブレースは上下異形状ではなく
全段でリング式ターンバックルが使用されています。

銘板あり。
20150504.honkan3.JPG
「鉄骨建築 警鐘ロー
 高田鉄工所
 上田市 川原新町
 TEL 上田730」

地元ではなく高山村の赤和地区で見た火の見やぐらと同じ鉄工所ですね。
まったく同一の銘板を利用しているようで、警鐘”ロー”の文字も一緒。

で、ここの火の見やぐらで注目なのはそんな銘板よりも半鐘のこと。
20150504.honkan5.JPG
見張り台にまだしっかり半鐘が装備されているのですが、
よく見ると半鐘叩き装置が装着されているのがわかります。
20150504.honkan6.JPG
これは地元で近年になって新たに開発された装置。
以前、ヤグラー師匠のU1教授がこの装置の情報を入手されたことがあり
自身のブログで紹介されていたのを見て、自分も初めてその存在を知りました。

ネットで検索をかけるとこんな紹介記事があったのでリンクを張らせてもらいます。
須坂市HP内のページ(別ウィンドウでPDF表示されます)

地上操作型半鐘叩き装置というようです。
高齢化や冬季などの昇降の危険などを考慮して
消防団から消防本部に要望があり、依頼を受けた市内の業者が開発。
(有)中沢製作所と須坂市産業連携開発課がコラボレーションし、
須坂市地域研究開発促進事業を活用し開発したとのこと。

要領としてはやぐら直下に下ろされたロープを引っ張り動かすと
装置に取り付けられた木槌が半鐘を叩いて、人が直接叩くのと
同じように音を鳴らすことができるのだそうです。
半鐘の音色から想像される打鐘のイメージとはちょっとかけ離れますが、
現代の消防団事情などを考えるとある意味画期的なことだとも言えるでしょう。
なにしろ消防団も山間部を中心に高齢化も進んでいて
梯子の昇降だけでも危険な度合いが増してきているとききますし、
そういうハンデを背負った消防活動に多少なりともサポートできるのであれば
こうした装置は非常に有用ではないかと思えます。

なにより杓子定規に火の見やぐらを時代遅れと片付けてしまうことなく、
防災無線やスピーカーだけに頼ろうとはせず、
半鐘の有効性を認めた地元自治体と消防団関係者に敬意を表します。

こうした取り組みが地域住民の火の見やぐらへの関心を高め
その存在意義を改めて見直す契機になってくれればと思います。
安曇野でもこの装置、採用する動きが出てきたりしないものかなと。。。
20150504.honkan1.JPG

(取材日:2015年5月4日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

集落外れにポツリと佇む [火の見櫓(上高井郡)]

長野県上高井郡高山村、高井新堀地区の火の見やぐら。
20150504.shinbori2.JPG
これもまた、5月の高山村訪問時に新たに出会った一基。
新堀区公会堂の建物がある敷地内に立っています。

県道54号線から少し入った先にあるのですが、
立地的になんとなく違和感がありました。
20150504.shinbori1.JPG
背後に山を背負い、公会堂があるとはいえ集落の中心は県道を挟んだ反対側。
隣地は自動車整備工場のような建物と、一歩出た県道沿いにはホームセンター。

やぐら本体も、どことなく新しい雰囲気ですね。
銘板がないので詳細は不明ですが、
リベットを使用していない点で比較的新しい年代のものと推測できます。
なによりブレースが上下で異なるという高山村スタンダードではなく
全段リング式ターンバックルを使用している点にある意味新鮮さを感じたりして。
20150504.shinbori3.JPG
20150504.shinbori4.JPG
20150504.shinbori5.JPG
柱脚と横架材は溶接ですが、ブレース端部はボルト接合。
内側のブレースの棒鋼をひん曲げて固定しているのがなんとなく珍しいような。
20150504.shinbori7.JPG

現在でも半鐘をたたいているのかどうかは分かりませんが、
メンテナンスはしっかりしているのか塗装がきれいなまま保たれていて、
やぐら全体が明るく輝いていました。
20150504.shinbori6.JPG

(取材日:2015年5月4日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

バス停付きの火の見やぐら [火の見櫓(上高井郡)]

長野県上高井郡高山村、水口地区の火の見やぐら。
20150504mizunaka1.JPG
こちらも前エントリーの赤和地区同様、
3年前の取材時ではなく今年のGWの再訪時に新たに出会ったもの。

赤和地区から車を走らせていると、彼方の集落の一角に火の見やぐらを発見。
20150504mizunaka8.JPG20150504mizunaka9.JPG
画像だけでなく肉眼でもけっこう遠めだったのですが、
それでも発見できるのはヤグラーの千里眼といっていいのでしょうかw

やぐらそのものは高山村スタンダードとでもいうべきスタイル。
20150504mizunaka2.JPG
20150504mizunaka3.JPG
20150504mizunaka5.JPG
20150504mizunaka6.JPG
4脚柱、8角形屋根&丸型見張り台、そして上下で異なる仕様のブレース。

脚部は正面のみアーチで、その他3方は足固めのような横材を装備。

銘板らしきものはありましたが、錆びついて字がかすれて残念ながら判読不能。
20150504mizunaka4.JPG
その代わりといってはなんですが、足元のバス停がいい感じです。
20150504mizunaka10.JPG
「水中火の見」

以前池田町にも火の見バス停がありましたが、
そちらの火の見やぐらは残念ながら解体撤去されてしまいました。

火の見やぐらの記憶がバス停の名前だけということにならないよう、
こちらでは末永く集落のシンボルタワーとして生き続けて欲しいと思います。
20150504mizunaka7.JPG

(取材日:2015年5月4日)




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

旧高井村消防発祥の地 [火の見櫓(上高井郡)]

前エントリー記事までの高山村に建つ火の見やぐらたちは
3年前の春に取材した火の見やぐらを最近になって再訪し、
その存在を再確認できたことでようやく記事アップに至ったものばかり。
ここからは、3年前には取材できておらず、
今回の再訪で取材を行った高山村のその他の火の見やぐらたちをいくつか紹介。

長野県上高井郡高山村、赤和地区の火の見やぐら。
20150504akawa1.JPG
2階建ての消防団詰所の傍ら、三叉路の交差点脇に佇んでいます。

4脚柱のスタンダードモデルで、ブレースも下半分がリング式ターンバックルで
上半分が平鋼&山形鋼の組み合わせという、同地方特有のデザイン。

ただ屋根はこの辺でよく見かける8角形ではなく4角形。
20150504akawa2.JPG
先端の蕨手の柄の部分が長めなのと、避雷針のデザインが特徴的ですね。

正面中央には金属切抜き文字で「赤和分団」とあります。
20150504akawa3.JPG

脚部がユニークで、建物側の2辺がリング式ターンバックルのブレース。
20150504akawa4.JPG
そして道路に面した2辺がアーチになっているのですが、
2辺だけアーチというのも珍しい気がします。

銘板がありました。
「鉄骨建築 警鐘ロー
 高田鉄工所
 上田市川原柳町
 TEL 上田730」
20150504akawa5.JPG
珍しくも上田市から馳せ参じたようです。
警鐘楼の楼がカタカナなのがいいですね。

足元正面には注連縄の張られた道祖神文字碑があるのですが、
その傍らに記念標柱があり「高井村消防発祥の地」とあります。
20150504akawa6.JPG
20150504akawa7.JPG
どうやら昭和31年まで存在した旧高井村における
消防活動組織(消防組?)の始まった記念の場所のようですね。

そして同じ標柱には「阿弥陀堂半鐘」とも書かれています。
具体的な解説がなかったので意味するところがよく分からないのですが、
見張り台に装備されている半鐘のことを指しているのでしょうか?
20150504akawa8.JPG
むかしこの地か近所にあった阿弥陀堂の半鐘を
そのまま火の見やぐらの半鐘に転用したということだと思うのですが、
地域の歴史を紐解いたわけではないのでハッキリしません。
でも、たぶんそういうことではなかろうかと・・・。

なにげない集落の一角に立つ平均的な火の見やぐらのような第一印象でしたが、
細かく見ていくと歴史的にもデザイン的にも突っ込みどころの多いやぐらでした。
20150504akawa9.JPG

(取材日:2015年5月4日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

塗装が真新しい火の見やぐら [火の見櫓(上高井郡)]

長野県上高井郡高山村、中原地区の火の見やぐら。
20120430nakahara6.JPG
県道66号線沿いに鎮座する山田神社の交差点を北に入ると、
すぐ先にこの火の見やぐらが堂々とした姿で立っていました。

スラッとした細身のスタイル。
同地方でよく見かける8角形屋根&丸型見張り台と
同地方では少数派な丸型踊り場の組み合わせ。

半鐘は見張り台と踊り場の双方に付属されています。
ブレースにはターンバックルは使用されておらず、
山形鋼と平鋼の組み合わせで構成されている模様。

脚部は4面ともブレースは入っておらず、正面がアーチで
その他の面は斜材が申し訳程度に設けられているのみ。
20120430nakahara3.JPG

梯子は基本的に柱脚内を登るタイプなのですが、
脚部から一段目の踊り場へは脚に溶接されたステップを利用して。
20120430nakahara4.JPG
子供たちが容易に悪ふざけで上ったりしないよう配慮した作りなのでしょうか。
仮にそうであっても、このステップなら小学生程度なら
じゅうぶん昇降できてしまうような感じではあるのですが。
20120430nakahara2.JPG

よくよく見ると隣接している建物の軒先が一部カットされているようです。
20120430nakahara5.JPG
これだけ密接しているとやぐらが雪止めになってしまいそうですね。

数年前に再塗装を施したらしく、写真では分かりづらいですが
取材時には銀色がとてもきれいに光っていました。
ただプロポーションや全体の見栄えは好印象ながらも
そのスリムさゆえに脚部の様子がいささか華奢に見えて
ちょっと不安定な感覚も。
斜材が脚の端部まで伸びきっていればまた違った印象になったかもしれません。
20120430nakahara1.JPG

(取材日:2012年4月30日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

“忘れ去られた”を地で行く [火の見櫓(上高井郡)]

長野県上高井郡高山村、なかひら地区の火の見やぐら。
20120430nakahira1.JPG
火の見やぐらといっても、その姿はご覧のとおり。
三脚柱で背丈の低い、見張り台の装備されていない
簡易な半鐘塔といった感じ。
それでも同エリアでスタンダードなブレースの構成
(上部山形鋼、下部リング式ターンバックル)はしっかり守られて(?)います。

その肝心の半鐘の姿はすでになく、
全体に錆びもひどくてメンテナンスは久しくなされていない様子。
20120430nakahira2.JPG
おまけに脚部の一本が車にでもぶつけられたのか、内側へひん曲がっています。
20120430nakahira3.JPG

このやぐらは旧山田村役場跡があり、
20120430nakahira4.JPG
すぐ近所では有名な枝垂桜が春には美しい姿を見せてくれています。
20120430nakahira5.JPG
桜目当ての観光客は県道沿いの臨時駐車場に車やバスを止めて
そこから火の見やぐらの傍らを歩いて桜鑑賞に訪れているのですが、
当然ながら老朽化した火の見やぐらなどには誰も見向きもしません。

寂しい限りですが、3年前にこのやぐらを取材した折には
老い先短いなという印象でしかなかったので
先日3年ぶりに再訪して変わらぬ姿を目にしたときは
正直いってビックリしました。
普通だったらまだ残ってくれていたことで嬉しさが先に来るのですが、
今回だけは「えっ!?まだ立ってるのっ?」って感じで(苦笑)

まだ老朽化も感じさせず現役で活躍することだって十分可能な火の見やぐらが
あっという間に撤去されていく現状を考えると
誰が見ても撤去解体処分されて不思議でないこの子が健在というのは
ある意味立派である意味不思議なことではあります。

次に同地を訪れるのがいつになるやら分かりませんが、
そのときまだ残っていたら、その生命力の強さに感嘆することでしょう。
さて、どうなりますか。
20120430nakahira6.JPG

(取材日:2012年4月30日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。