So-net無料ブログ作成
検索選択
火の見櫓(飯田市) ブログトップ

4脚直立の火の見櫓 [火の見櫓(飯田市)]

飯田市鼎名古熊の火の見櫓。
2014.05.04.kanae1.JPG
名古熊の消防屯所の傍らに立ち、
やや細身の4脚柱で、柱が直立しています。

ブレースがリング式ターンバックルではなく
平鋼が使用され、梯子は一面の外側に装着。
これで平面形が台形だったりしたら
関西型に近いデザインになりますね。
2014.05.04.kanae2.JPG
2014.05.04.kanae3.JPG

スタンダードな末広がり4脚タワー型が多い地方かと思いきや、
こういう細身直立型も多いのでしょうか。
あまり訪問機会のない地方はこういう疑問の多いこともまた
巡る楽しみのひとつではないかと。

撮影日:2014年5月4日)


より大きな地図火の見櫓(長野県飯田市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

飯田の火の見櫓 [火の見櫓(飯田市)]

飯田市切石樋の沢の火の見櫓。
2014.05.04.iida1.JPG
このGW中の下伊那飯田方面取材の中で
とくに訪問予定ではなく、、、というか、
予定していた移動ルートを間違えてしまったことで
たまたま出会うことになった火の見櫓。

同地方のタイプはほとんど詳細事情が分かっていないのですが、
4脚柱はスタンダードモデルでしょう。
これは基本に忠実な全体プロポーションな印象です。

2014.05.04.iida2.JPG
屋根は4角形。
見張り台は4角形ベースで面取りを施した変則8角形。
スピーカーアンテナデザイン的に少々、といったところ。

2014.05.04.iida3.JPG
足元はアーチではないですが、トラスが端部まで伸びていていいですね。

銘板。
2014.05.04.iida4.JPG
制作会社は山浦鉄工株式会社とあります。
これは現在の株式会社ヤマウラのことのようで、
当時の社名が使われはじめ、且つ駒ヶ根市に本社が置かれたのは
昭和36年8月ですので、この火の見櫓はそれより以降の建設となるはずです。
(社歴の情報は同社のHPに拠る)

建立年の記載があればベストでしたが、
社名があれば外部の者が観察してもある程度のことは推測できます。
狛犬でもそうですが、たかが記銘されど記銘、未来への大切なメッセージですね。

撮影日:2014年5月4日)


より大きな地図火の見櫓(長野県飯田市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
火の見櫓(飯田市) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。