So-net無料ブログ作成
検索選択
火の見櫓(新潟県) ブログトップ

コン柱としては背が高い、、、と思う [火の見櫓(新潟県)]

十日町市、四日町第一の火の見櫓。
2013.06.09.yokkamachi1.JPG
コンクリート柱の火の見櫓ですが、他のコン柱火の見と比較しても
けっこう背の高いほうになるのではという印象です。

隣接する消防団詰所と比較しても、通常の建物の
4階相当くらいの高さがあるのではという印象。
2013.06.09.yokkamachi2.JPG
U1教授から梯子一段の高さから全体高さを推測するというやり方を教わりましたが、
現地での計測をすっかり忘れていました。

詰所の置かれている敷地は余裕があるので、
もしかしたらもとは鉄骨の櫓が立っていたのかもしれないですね。

そしてここの半鐘には「中山式半鐘」のラベルが残されていました。
2013.06.09.yokkamachi4.JPG
文字はほとんど読み取れなくなっていますが、
拡大してよく見ると、かすかに中山式の文字が。
ラベル形状も以前確認した松本市奈川のものとほぼ同一ということで、断定。
2012.01.13.14.JPG
(↑松本市奈川の中山式半鐘↑)

しかしながら、依然として“中山式”の詳細についての疑問が解消されてなくて。
謎は深まるばかりなり。。。

2013.06.09.yokkamachi3.JPG
2013.06.09.yokkamachi5.JPG

撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

十日町スタイルなのか・・・ [火の見櫓(新潟県)]

十日町市新座甲の火の見櫓。
2013.06.09.shinza1.JPG
十日町の中心市街の少し北寄り。
中心市街方面から来ると、国道117号が北越急行ほくほく線の
高架下をくぐり、すぐ脇道にそれた場所に立ってます。

2013.06.09.shinza3.JPG
この地方特有の超極細タワー
エンジ色の塗装は防錆塗装の上にコートしたものと思われますが、
前々エントリーもそんな感じでしたし、同地方の特徴なんでしょうかね。
細身だけれど、国道を車走らせていてもすぐにそれと気づきました。

2013.06.09.shinza5.JPG
2013.06.09.shinza4.JPG
基本デザインは前々エントリーの芋沢の火の見櫓と同タイプですね。
こちらは足元が埋もれていないんでよく分かります。
屋根と見張り台のデザインは芋沢のそれと異なりますね。
芋沢の見張り台は丸型、こちらは四角。

それにしてもほぼ垂直に上る梯子って、けっこう怖いと思うんですが。
2013.06.09.shinza2.JPG
極細だから当然梯子はタワーの外付け。
踊り場もないし、高所恐怖症の自分はたぶんムリかと思われ。

(撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

やっぱり十日町にもある、コン柱火の見櫓 [火の見櫓(新潟県)]

十日町市水沢、土市の火の見櫓。
2013.06.09.doichi1.JPG
土市=どいち、と読むそうですが、
やっぱりむかし土曜日に市場でも開かれていたんでしょうかね?

十日町市の水沢出張所の傍に立っています。

2013.06.09.doichi2.JPG
コンクリート柱一本で構造とし、鉄製梯子を取り付けたシンプルデザイン
飯山市でもコン柱火の見櫓は見かけましたが、
こちらのほうが本格的というか、比較してけっこう背が高いです。
いちおう梯子も地面から始まってるし。

2013.06.09.doichi3.JPG
もとは鉄骨製のタワーが立っていたのか、よく分かりませんが。
たしかに積雪期が数ヶ月も続く条件だと、
鉄よりもコン柱のほうが長持ちだから、という理由でしょうかね。
コストは、、、どうなんだろ?
やっぱりコン柱のほうが安いんだろうな。知らんけど・・・。

撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

足元が半分埋もれてしまってます [火の見櫓(新潟県)]

新潟十日町市中里、芋沢の火の見櫓。
2013.06.09.imosawa2.JPG
国道117号沿い、芋沢公民館の前に立っていますが、
ちょうど奥に神社があって、その参道沿いに立っていることになります。
2013.06.09.imosawa1.JPG
錆びているのではなく、赤茶の防錆塗装ですかね。

スラッと極細のボディ。内股で膝下だけちょこんと外に開いた格好の足元。
2013.06.09.imosawa3.JPG
2013.06.09.imosawa6.JPG

踊り場を持たず見張り台まで一気登りの梯子。
2013.06.09.imosawa7.JPG
どうやらこのスタイルが十日町エリアでよく見かけるデザインのよう。

後年になってからのことだと思うのですが、
足元が半分ほどコンクリートのベースに埋もれてしまっています。
2013.06.09.imosawa4.JPG
2013.06.09.imosawa5.JPG
消防信号は縦書きを多く見かけますが、ここのは横書き。

千曲川を下流に向かい、長野県から新潟県へと県境を超えてみると、
同じ用途の火の見櫓のデザインに変化が見られるのは面白いです。
地域性豊かな火の見櫓のデザイン事情が見られる移ろいですね。

この細身の中層タイプが豪雪地帯という気候条件と関係があるのか否か、
そのへんの事情はよく分からないので後日(後年?)の調査に残したいと思います。

(撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ホース干し塔か? [火の見櫓(新潟県)]

新潟県中魚沼郡津南町、卯ノ木の火の見・・・じゃなく、ホース干し塔か。
2013.06.09.unoki1.JPG
国道を移動中、それっぽい鉄塔に消防信号板が付いていたので
思わず車を止めて撮影に入ったのだけれど、半鐘見かけないし。
2013.06.09.unoki2.JPG
もともとあった火の見櫓が解体されたか火の見が改修されて、
今のホース干し塔の姿に成り代わったとか、、、そんな感じなのかなと
勝手に想像。

はてさて、真実やいかに?

(撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
火の見櫓(新潟県) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。