So-net無料ブログ作成
検索選択
火の見櫓(下水内郡) ブログトップ

栄村中心地の火の見櫓 [火の見櫓(下水内郡)]

下水内郡栄村、北信の火の見櫓。
2013.06.09.hokushin1.JPG
村役場から程近い村の中心地に立ちますが、
役場自体がすでに新潟との県境至近なわけで、
信州最北端のまち、栄村ですから
この子がつまりは長野県最北の火の見櫓かも知れず。
でも、きっとまだ村内北部の山の中とかに何基もあるんだろうなぁ。

2013.06.09.hokushin2.JPG
2013.06.09.hokushin3.JPG
2013.06.09.hokushin4.JPG
デザインとしては前エントリーの平滝駅近くのものと同タイプ。
コンクリートベースの形状が少し違うくらいですかね。
なんで真ん中が窪んでいるんだろ?
櫓の基礎としてはこれで十分なのかもだけど、
ベタッと全体で打ったほうが型枠の手間が省けると思うのだが。
コンクリートのほうが高いってことか?

撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

国道沿いの火の見櫓 [火の見櫓(下水内郡)]

下水内郡栄村、豊栄の火の見櫓。
2013.06.09.toyosakae1.JPG
国道117号沿い、JR飯山線平滝駅近く、
消防団詰所と並んで立っています。
2013.06.09.toyosakae2.JPG

栄村は一昨年3月の震災で甚大な被害を受けた場所。
国道も当時はかなり被害を受けていたようです。

この火の見櫓は、しかしながら倒壊することなく
無事に生き延びてくれたようですね。
防災目的のタワーですから本来は大地震とはいえ
簡単に倒れてもらっては困るわけですが、
近年は老朽化が進んだ火の見櫓も少なくないなか、
揺れに耐え切れないものも出てくるやもしれないですから。

で、この火の見櫓の脚部を側面から見ると
アーチの付け根あたりでグネッときているような気が。
2013.06.09.toyosakae7.JPG
地震の影響とは思わないですが、なんとなく曲がっている印象は否めないです。

2013.06.09.toyosakae5.JPG
飯山町(たぶん、現飯山市) 長谷部鉄工所製作。

昇降口は飯山市と同様に梯子ではなく足掛けフック仕様。
2013.06.09.toyosakae6.JPG
2013.06.09.toyosakae4.JPG
でも踊り場は飯山市で見かけるアウトセットのタイプとは違い、タワーの内側。

2013.06.09.toyosakae3.JPG
屋根の傷みもきつそうですが、震災をもくぐり抜けたこの子が
シンボルタワーとして少しでも長生きして欲しいものです。

(最終日:2013年6月9日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
火の見櫓(下水内郡) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。