So-net無料ブログ作成
検索選択
火の見櫓(中野市) ブログトップ

中野陣屋前に立つ大型の火の見やぐら [火の見櫓(中野市)]

中野市中央、中野陣屋県庁記念館前に立つ火の見やぐら。
150504nakanojinya1.JPG
中野市内の中心街に位置する同記念館は
江戸時代の中野周辺を統治した天領代官所のあったところ。
明治維新後、伊那県中野局を経て中野県の県庁となりましたが、
明治3年の中野騒動で建物が消失した後、長野県に編入されて
現在に至っているわけですが、記念館は明治期の雰囲気を感じさせる
近代和風建築の役場の趣を感じさせてくれます。
150504nakanojinya3.JPG

火の見やぐらはそんな記念館の敷地正面の一角に立っているのですが、
かなり大型の火の見やぐらのため、建物の密集する市内のあちこちからでも
頭ひとつ抜け出た見張り台の姿を目にすることができます。
150504nakanojinya4.JPG

目に付く理由のひとつが見張り台の内側を囲っている板壁。
150504nakanojinya2.JPG
といっても板壁というほどたいした様子には見えず
メンテナンスもされていないっぽいのですが、
かつては窓ガラスでもはめ込まれていたのでしょうかね。
遠めには今でも「小屋付見張り台」という印象は確かにうけます。

高層であるがゆえに踊り場も数多く、
消防団器具庫を兼ねた脚部2階部分の踊り場も含めると合計4層。
150504nakanojinya5.JPG
150504nakanojinya6.JPG
150504nakanojinya7.JPG
150504nakanojinya8.JPG
器具庫は火の見やぐらの脚部の形状にまんま合わせた壁面になっていて、
建物コーナー部にはやぐらの脚部が露出しています。
150504nakanojinya9.JPG

傍らに解説板があったのですが、これは中野陣屋跡についてのもの。
150504nakanojinya11.JPG
火の見やぐらのものでなくて残念ですが、中野市街地エリアの
観光拠点ともいうべき場所に立つシンボルタワーのような存在ですし、
消防団の紹介も含めた火の見やぐらの解説があってもいいのになと、
ちょっと思えたりしました。

それにしても中野市内は志賀高原などへ仕事で訪れたりした時に
寄り道通過していたのですが、陣屋の傍らにこのような大型のやぐらが
立っていたことにはまったく気が回りませんでした。
しょっちゅう来ていたというのはまだ自分がヤグラーになる前の話。
いかに関心がないと目に留まることもないといういい証拠ですね。
150504nakanojinya10.JPG

(撮影日:2015年5月4日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この地方らしい昇降口 [火の見櫓(中野市)]

中野市、斑尾高原に行く途中の道すがら見つけた火の見櫓。
2013.06.09.madarao1.JPG
中野市といっても豊田飯山インターから山の中へ入ったところ。
まだらおの湯という温泉施設へ向かう途中。

最近塗りなおしたのか、とてもきれいに銀色が光っていました。
付近に集落はあるのですが、火の見櫓は集落最上部に立つため、
櫓の背丈は特別高い部類ではない様子です。
2013.06.09.madarao7.JPG

2013.06.09.madarao5.JPG
製作年月:昭和32年7月。
須坂市の下田鉄工所。
2013.06.09.madarao6.JPG

2013.06.09.madarao2.JPG
2013.06.09.madarao3.JPG
足元の昇降口がこの地方特有で、
最下段は梯子というより足掛けのフックのような仕様。
積雪対策という意味があるのかどうなのか。

で、柱脚の外側に足掛けが付いていて昇降が内側ではないのに、
下段の一面がブレースではなくトラスで仕込まれていますね。
2013.06.09.madarao4.JPG
不思議な感じです。

撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
火の見櫓(中野市) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。