So-net無料ブログ作成
検索選択
狛犬・寺社(北佐久郡) ブログトップ

家紋のある狛犬 [狛犬・寺社(北佐久郡)]

長野県北佐久郡御代田町、小田井上宿の長倉・諏訪神社。
2014.08.16.nagakura1.JPG
旧中山道小田井宿に鎮座する同社ですが、長野県神社庁HPによると、
もとは伍賀地区久能の宮平という場所に祀られていた春日神社だったそうです。
そこから文亀2年(1502)になって上小田井に移され創建されたといわれ、
天正16年(1588)に現在の小田井の地に遷座したのだそうで、
同じくHPでは「長倉神社・諏訪神社合殿」と記されています。

ご祭神は、
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
建御名方命(たけみなかたのみこと)

社叢は御代田町の天然記念物指定となっています。
2014.08.16.nagakura2.JPG
たしかに面積の規模は特別大きいわけではないですが、
境内の欅などはとても立派です。

一の鳥居を過ぎて石段をあがると、
二の鳥居の手前に狛犬が一対いました。
2014.08.16.nagakura3.JPG
2014.08.16.nagakura4.JPG2014.08.16.nagakura5.JPG
明治16年(1883)8月25日建立。
石工:北佐久郡安原村 飯田平蔵永常。
2014.08.16.nagakura6.JPG2014.08.16.nagakura7.JPG
2014.08.16.nagakura8.JPG2014.08.16.nagakura9.JPG

阿吽が左右反対で座っていますね。
2014.08.16.nagakura12.JPG2014.08.16.nagakura13.JPG

まあそれだけでもじゅうぶん珍しい分類になるわけですが、
ここの子達が大変貴重な存在だといえる理由はこちら。
2014.08.16.nagakura14.JPG
家紋入り。
丸に渡辺星(=三ツ星に一文字)ですね。
家紋が胴体に付属している狛犬は、自分は始めてみました。
探せばほかにもいそうですね。
ちなみに同社の神紋は立梶の葉。
二の鳥居の額束に示されていますが、諏訪神社といえば梶ですからね。
2014.08.16.nagakura29.JPG

阿形の頭部には宝珠が乗っていますが、
吽形にもなにか乗っていたかのような痕跡が見えますね。
2014.08.16.nagakura10.JPG2014.08.16.nagakura11.JPG

全体に造詣は背筋がすっと伸びたシンプルな感じですが、
つま先や鬣、尾などはしっかり彫りこまれていていい作品だと思います。
2014.08.16.nagakura15.JPG2014.08.16.nagakura16.JPG
2014.08.16.nagakura17.JPG2014.08.16.nagakura18.JPG
2014.08.16.nagakura19.JPG2014.08.16.nagakura20.JPG

拝殿。
2014.08.16.nagakura21.JPG

一間社流造の本殿は覆い屋のなか。
2014.08.16.nagakura22.JPG

たくさんの境内社。
2014.08.16.nagakura23.JPG
2014.08.16.nagakura25.JPG
2014.08.16.nagakura24.JPG

一角には神馬舎がありました。
2014.08.16.nagakura26.JPG
小田井の道祖神まつりというのが町指定無形民俗文化財になっていて、
その祭りで村内を曳き回される藁馬が納められていました。
2014.08.16.nagakura27.JPG
素朴な信州の祭りですね。
2月という真冬の行事のようですが、一度見てみたいなと思いました。
2014.08.16.nagakura28.JPG

(撮影日:2014年8月16日)


より大きな地図で 狛犬(長野県北佐久郡) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

長野県内最古(?)の狛犬 [狛犬・寺社(北佐久郡)]

長野県北佐久郡軽井沢町、碓氷峠の熊野皇大神社。
2012.10.07.kumano1.JPG
軽井沢より旧中山道(“いちにちじゅうやまみち”ではないですwww)を行き、
群馬県との県境に鎮座しています。

2012.10.07.kumano3.JPG
2012.10.07.kumano2.JPG
正真正銘、県境を跨いでいて、参道の中心を県境が走り、
社殿も信州と上州の地に半分ずつ立っています。
2012.10.07.kumano4.JPG
名称は信州側は上述の熊野皇大神社と呼ばれ、
上州側は熊野神社の名前で呼ばれています。
ひとつの神社でありながらふたつの宗教法人となっており、
宮司も両県(両社)の側でそれぞれにいらっしゃるそうです。

景行天皇の時代に日本武尊が熊野三社を勧請して創建したという
伝説的な由緒を誇る古社ということになりますね。

そしてここに、長野県下でもっとも古いのではとされる狛犬がいまして。

まず参道入口に岡崎現代型が一対。
2012.10.07.kumano5.JPG2012.10.07.kumano6.JPG
昭和50年5月15日建立。
これはとりあえずあっさりスルーww。

長野県最古といわれる一対は少し先の石段上り口にいます。
2012.10.07.kumano7.JPG2012.10.07.kumano8.JPG
由緒書きによれば、室町時代中期作とのこと。
室町時代を一般的な1336年から1573頃までだとすると、
1400年代半ば頃がその時代になるということですが、
山梨県市川三郷町の熊野神社にいる国産最古の石造狛犬との
評価もなされている子たちが応永12年(1405)の作ですから、
それに近い建立年代ということになりますね。
2012.10.07.kumano9.JPG2012.10.07.kumano10.JPG
はじめタイプとしては比較的大型の部類に属すると思いますが、
デザインなどはまさに石造狛犬の原始的スタイルを感じさせます。

阿形は口が大きく開き、オオサンショウウオのようなイメージ。
2012.10.07.kumano16.JPG

吽形のほうがまだ表情がある程度残っていますが、
なんとなくマンガチックに思えなくもない、ユニークな表情。
2012.10.07.kumano15.JPG

体毛をあらわす彫りの様子はまだはっきり見て取れ、
年代の古いわりにはしっかりしていると思います。
2012.10.07.kumano11.JPG2012.10.07.kumano12.JPG
2012.10.07.kumano13.JPG2012.10.07.kumano14.JPG

長野県側では軽井沢町がこの子たちを文化財指定しているのですが、
いちおう一対で、ということになっています。
2012.10.07.kumano17.JPG
2012.10.07.kumano18.JPG
県境を超えてしまっている阿形も含めてということでしょうが、
行政のやることにしてはこのへんは臨機応変という感じなのでしょうかね。

県境になる石段を上りきると隋神門がそびえています。
2012.10.07.kumano19.JPG

その手前に据えられている、石の風車一対。
2012.10.07.kumano22.JPG2012.10.07.kumano23.JPG
元禄元年(1688)建立。
これも軽井沢町の文化財指定。
詳細は立て看板をご覧ください。
2012.10.07.kumano24.JPG

隋神門両脇にいる狛犬一対。
2012.10.07.kumano20.JPG2012.10.07.kumano21.JPG
昭和17年(1942)5月建立。
目玉がやたらと大きいです。

御本殿は三殿立っています。
2012.10.07.kumano25.JPG
中央(上信国境)=本宮:伊邪那美命、日本武尊。
向かって右(上州側)=新宮:速玉男命。
向かって左(信州側)=那智宮:事觧男命

ご覧の通り、信州と上州でそれぞれ社号標が立っていまして。
2012.10.07.kumano27.JPG
お賽銭箱もそれぞれに用意されています。
やはり両方に入れないとご利益に影響あるのだろうか?

本宮と新宮の社殿。
2012.10.07.kumano29.JPG2012.10.07.kumano28.JPG
それぞれの神様に合わせて千木と鰹木の形状の違いが分かります。
本宮相殿の日本武尊は男ですけどね。。。

境内にそびえるシナノキ。
2012.10.07.kumano30.JPG
長野県天然記念物指定。
シナノキは信濃の国と名づけられた由来になったとも言われていますね。

熊野神社の御約束ということで。。。
2012.10.07.kumano31.JPG

長野県側の祈祷殿・神楽殿(写真左)と、群馬県側の神楽殿(同右)。
2012.10.07.kumano32.JPG2012.10.07.kumano33.JPG
外観が統一されていないのは、アシンメトリーを意識した訳ではないと思いますが、
これが西洋のキリスト教会なんかだったらきっと左右対称になったのでは。

参道を道路向かいに立つ、峠の茶店。
2012.10.07.kumano34.JPG
こちらもまた県境を跨いで立っています。
(正確には写真のお店の建物部分は長野県側に属するようですが。)

古事記の世界においても日本武尊の伝説が伝えられる由緒ある碓氷峠。
古より一級の国内主要道であった旧中山道ですが、
急坂続きの難所だったことは高速道路が開通した現在でも変わりません。
ただ遊歩道も整備されているようなので、往時を偲びながら
歩いて同社を訪ねてみるのもいいかもしれません。

(撮影日:2012年10月7日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
狛犬・寺社(北佐久郡) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。