So-net無料ブログ作成
火の見櫓(安曇野市) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

やっぱり電線が・・・ [火の見櫓(安曇野市)]

安曇野市堀金烏川の火の見櫓。
2013.02.23.karasugawa1.JPG
堀金総合支所から国営公園に向かう道すがら、
第13分団第1部の詰所に隣接して立っています。

天気が良い日は背景の常念岳とのセットでいい画像が撮れる、、、はずなのですが、
両者を一緒に撮ろうとするとどうしても電線が邪魔になってしまい(‐‐#

櫓は安曇野スタンダードな三脚柱。
一度塗り直しをかけてあるのか、塗装は比較的きれいです。
2013.02.23.karasugawa5.JPG
避雷針のしっかりした屋根は見張り台とともに六角形。
ホース干し用の滑車が付いていますが、
スピーカーや無線アンテナは付属していないので見た目はすっきりですね。
2013.02.23.karasugawa2.JPG
半鐘は見張り台と踊り場にもあり、
踊り場のほうはワイヤーロープで縛られています。
2013.02.23.karasugawa3.JPG
木槌の存在は確認できるので、まだ今でもしっかり叩かれているかな?

足元は、ちょっと微妙。
2013.02.23.karasugawa4.JPG
アーチが足元まで伸びていれなお良しですね。

背丈がもうちょっと欲しいと感じるは欲張り?
まあ、電線を除けばロケーションも単体の様子もまずまずいいところです。

(撮影日:2013年1月30日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

台座のコンクリートに建築年 [火の見櫓(安曇野市)]

安曇野市穂高、本郷の火の見櫓。
2013.02.08.hongou1.JPG
ティピカルな安曇野の火の見櫓、、、
と、言っていいのかどうだか分かりませんが。

三脚柱、丸屋根+丸見張り台、三角形の踊り場、
そしてトラス組の柱脚の様子。
2013.02.08.hongou2.JPG
2013.02.08.hongou5.JPG
細かな部位ごとのデザインは“典型的”というわけではないけれど、
三脚柱で適度な絞り込みを見せる全体的なフォルムは
安曇野でよく見かけるタイプと括っていいと思われ。

ここは足元に派手な色使いの道祖神と二十三夜塔があるのですが、
2013.02.08.hongou3.JPG
少し歩いた集落内に、観光ガイド本にもときどき紹介される
人気の彩色道祖神があります。(大黒さまと恵比寿さまがセットで祀られています)
2013.02.08.hongou6.JPG
で、この火の見櫓の足元がちょっとした広場になっていて
観光バスも一時停車できるスペースなので、案内人倶楽部でも
道祖神巡りのリクエストがある団体さんにはよくここまで誘導している場所です。
でもってついでに火の見櫓までガイドしちゃうという。。。

櫓として特別奇抜な特徴があるわけではないですが、
強いてこの火の見櫓の特徴をいえば、これ。
2013.02.08.hongou4.JPG
ベースのコンクリートに建築年を刻んであるのは
けっこう珍しいと思います。
それにしても、電線がじゃま・・・。

(撮影日:2013年2月7日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

やはりスピーカーはないほうがスマートに思う [火の見櫓(安曇野市)]

安曇野市豊科、吉野の火の見櫓。
2013.01.25.yoshino1.JPG
撮影したのは昨年1月。
そのときフェイスブックには画像アップしたけれど、
ブログで記事にするのを忘れてました。
最近はブログには詳細記事を書いて、
FBは記事アップの告知に利用するパターン。

タイムリーに手っ取り早く情報を流すにはFBは便利なツールだけれど、
友達の投稿が多いと、あっという間にネタが下のほうへ流れてしまうので、
しっかりとした記事を残すには、やはりブログのほうが便利かなと。
ちなみにツイッターは、その効用について未だに理解不能な状態なので論外。。。

で、吉野。
地域の公民館、吉野コミュニティーセンターの建物に隣接して立っています。
2013.01.25.yoshino2.JPG
じつは3月に予定している次回ふるさとウォッチングin安曇野は、
この吉野地区が会場候補に挙がっておりまして。
んでもって画像取っていた思い出して、記事にせねばと思い立った次第。
もちろん、違う会場になるかもしれませんけどね。

集落の外れのような場所なので、ひらけた南方からだとけっこう目立ちます。
2013.01.25.yoshino5.JPG

デザインですが、スピーカーやアンテナの付属していないのは評価が高いです。
ホース干し装置も出しゃばってないのでいいバランスかと。
2013.01.25.yoshino3.JPG
2013.01.25.yoshino6.JPG

惜しむらくは脚部の納まり具合。
2013.01.25.yoshino4.JPG
アーチが足元まで伸びていないので、なんとなく落ち着きません。
いつもU1教授が書いていますが、トラスやアーチは根元まで伸びているほうが
見た目にも美しいと、自分も思います。

なのでこの吉野の火の見櫓は星5つで満点なら星4つってところでしょうか。
皆さんの評価はどうですか?

(撮影日:2012年1月24日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

松の木が火の見櫓の股くぐり? [火の見櫓(安曇野市)]

安曇野市豊科、本村の火の見櫓。
2013.01.13.honmura1.JPG
巨大な文字碑の道祖神と神代文字碑というふたつの有名な石造物が傍らにあります。
2013.01.13.honmura4.JPG
2013.01.13.honmura5.JPG
2013.01.13.honmura6.JPG
神代文字のほうは阿比留文字という類のものだそうですが、
自分はこのジャンルは詳しくないので、詳細は割愛。

2013.01.13.honmura2.JPG
スタンダードな3本脚のタワーで、櫓そのものに大きな特徴があるわけではないですが、
ここがユニークなのは足元に立っている松の木の様子。
2013.01.13.honmura3.JPG
火の見櫓の傍の地面に根を下ろしている松ですが、
それがまっすぐ立たずに火の見櫓の股をくぐり、脚元を抜けてしまっています。

普通に考えて櫓が先で松が後なのは間違いないと思いますが、
松が邪魔だからと、どうにかしてしまわずにそのまま残し、
加えて方杖までして支えている地元住民の方に敬意を表したいと思います(^^)。

(撮影日:2013年1月6日。石造物は2011年9月7日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

山麓の集落を見守る要 [火の見櫓(安曇野市)]

安曇野市三郷北小倉の火の見櫓。
2012.01.02.25.JPG
上手村、中村、下村という三つの地域に区分けされている北小倉のなかで
ほぼ3地域の中心点といえそうなあたりに立っています。
地区の公民館も同じ場所。

北小倉は無形民俗文化財指定も受けている御柱立ての伝統行事が継承されていて、
この火の見櫓も元旦に行われる行事取材で一緒に撮影したもの。

古い民家や土蔵が軒を連ねる中でバランスのよいスタイルでたたずんでいます。
2012.01.02.26.JPG
拡大画像はこの日撮影し忘れたので、
以下の2枚は昨年初夏の頃に訪れた際のもの。
2012.01.02.27.JPG
2012.01.02.28.JPG
三本柱の安曇野スタンダード型。
錆もさほど目立たず、メンテナンスも出来ている印象。
脚部のアーチも根元まで伸びていて、バランスのよい作りですね。

(撮影日:2013年1月1日、2012年6月3日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

常念岳が背景なら午前中がベター@堀金扇町の火の見櫓 [火の見櫓(安曇野市)]

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

安曇野市堀金、扇町の火の見櫓。
2012.08.03.2.JPG
スタンダードな三脚柱タイプのタワー型。
なにより扇町といえば常念岳の容姿が美しいと評判(なのか?)の地区で、
ならば常念岳を背景にした写真にせねばなるまい、と思いまして。

で、ずいぶんまえに一度行ったのだけれど、
ちょうど晴れた日の午後遅めの時間帯で、
肝心の火の見櫓が逆光になったりしてうまく撮影できず。
今週に入ってアルプスがクリアに見える早朝が続いたチャンスを生かして
再訪してきた次第。
2012.08.03.1.JPG
朝一番で撮影したので光の向きは問題なし。
けど、なぜか微妙に手ブレが???_| ̄|o

櫓そのもののスタイルは足元が広くて絞り具合も頃合い、
一見すると全体にバランスが悪くないと思うけれど、
ちょっと直線的すぎて美しいデザインかと聞かれると、
うーん・・・どうなんでしょう?

ちなみに以下の2枚は最初に訪問した際に別角度から撮影したもの。
2012.08.03.7.JPG
2012.08.03.8.JPG
見る角度によって、きれいな三角錐のようになっても見えるし、
二等辺三角形のような姿にも感じたり。
三脚柱のタワーはバランスが難しいですかね。

火の見櫓の足元にも石仏石碑がありますが、
やはり扇町といえばこちら。
2012.08.03.4.JPG
2012.08.03.5.JPG
彫り込みが珍しい扇型で、
その下に「町中」と続けてある。
なかなかに洒落っ気のある彫り方だと思われ。
2012.08.03.6.JPG


より大きな地図で 堀金扇町の火の見櫓 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

半鐘がやたらと長い火の見櫓@安曇野市下鳥羽 [火の見櫓(安曇野市)]

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

松本まで仕事で出かけた帰り道、
以前から立ち寄りたくて、でもなかなか時間の取れなかった
安曇野南部にある下鳥羽大同神社に少し寄り道しようと147号を走っていると、
ふいに脳内の火の見櫓センサーが働き、寄り道の寄り道。。。

2012.06.15.1.JPG
2012.06.15.2.JPG

これがセンサーに反応したものですが、
誰がどう見ても火の見ではなくホース干し塔。
下鳥羽神社と国道を挟んだ東側へ入った農道沿いに存在。
消防団詰所があるので、もしかしたら老朽化した火の見櫓を壊して
ホース干しを建て直したのかなとも思ったのですが、
ここから少し歩いた先にちゃんとこの集落の火の見櫓はありました。
ちなみにここの消防団は安曇野市第一分団第一部。
だからなんだといわれても、まあそれだけのことですが。。。

下鳥羽本郷地区。

2012.06.15.3.JPG
(2012年6月15日撮影。以下同じ)

集会所があったり、昔の地域で持っていた井戸(文化財指定)があったり、
かつては村の郷蔵があったりと、まさに村の中心地だったようです。
もちろん、道祖神もちゃんと鎮まってくださっています。

2012.06.15.4.JPG
2012.06.15.5.JPG
2012.06.15.6.JPG

で、火の見櫓。
銘板が残っていました。

2012.06.15.7.JPG
(高山造機は住所から察するに、梓橋近くの現:高山鉄工ではないかと。。。)

安曇野界隈の火の見櫓は銘板の残っているものが案外少ないので
そういう意味ではけっこう貴重な存在です。

2012.06.15.8.JPG
デザインはタワー型のなかでは背は低いほう。
踊り場の手すりがハシゴ部分で張り出したスタイルになっているものの、
頭頂部のデザインは避雷針も含めて比較的シンプルなのと、
防犯灯はあるももの防災無線のアンテナやスピーカーの類が存在せず、
足元もトラスが付け根まで伸びているので、全体のプロポーションは悪くないです。

2012.06.15.9.JPG

それより気になるのはやたらと長い半鐘。
2012.06.15.10.JPG
ここまで縦長の半鐘は自分はこれまで目にしたことはなかったように思います。
消火器か酸素ボンベでもぶら下げているくらいの印象でした。


より大きな地図で 下鳥羽本郷の火の見櫓 を表示

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

児童公園の遊具とコラボする火の見櫓 [火の見櫓(安曇野市)]

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

安曇野市堀金、中堀地区の火の見櫓。
先日FBで友達に教えてもらったので、豊科の仕事を終えた帰りに寄り道。
シルエットが美しいとのことだったけれど、なるほどたしかに。
2012.01.24.1.JPG
柱脚のわずかに曲線を描いた絞り具合がよく、全体のバランスがいい。
スピーカーが付属していないこともプロポーションのよさの要因でしょう。
足元がワイドで、一段目の横架材に踊り場がついているのが珍しいですね。
2012.01.24.2.JPG
でもこの踊り場のデザインが正面から眺めた際の良いアクセントになっている感じです。
2012.01.24.3.JPG
2012.01.24.9.JPG
半鐘は見張り台にはなく、二つ目の踊り場にだけ設置されています。
製作会社の銘板があるところが珍しい。
設置年は手書きで刻まれていますね。(写真では読み取れないですが。)
2012.01.24.4.JPG(「1959.8月」と彫られています)

中堀の集落中心を貫く街道と拾ヶ堰の交差点脇にあり、
堰を挟んだ斜め向かいには地区の公民館。
背後には集落の神様、神明社の鎮守の森が存在し、
隣接地には神社の(たぶん)山車保管庫が。
2012.01.24.5.JPG
2012.01.24.6.JPG
2012.01.24.7.JPG

まさに集落の中心地に立つシンボルタワーですが、
ここはなんといっても道路向かいにある児童公園との関係でしょう。
2012.01.24.8.JPG
遊具とのコラボレーションがいい感じです。


より大きな地図で 中堀公民館の火の見櫓 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

真々部の火の見櫓はとってもスリムなモデル体型 [火の見櫓(安曇野市)]

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

国道147号線沿い、真々部公民館のすぐ傍に立つ火の見櫓。
道路は直線で周囲に高い建物はない見通しの良い場所なので、
車で走らせていてもかなり遠くから気づくことができる櫓。
2012.01.22.1.JPG
脚柱の絞りはさほどでもないけれども、足元の広がりもさほどではないため
かなり細めのスラッとしたモデル並みスタイルといえるかも。
2012.01.22.2.JPG
背丈がそこそこあるわりには踊り場もなく見張り台まで梯子がストレート。
消防団員でも上り下りはけっこう緊張するのでは?
2012.01.22.3.JPG
スタイルがよくてスピーカーも付属していないのは好印象なのだけれども、
惜しいのは避雷針が根元から(折れて?)倒れかけてしまっていること。
きっと消防団ほか地元の人も気づいているだろうけれども、
屋根の上側で簡単に直せない場所ということで、
そのまま放置されているのだろうと思われ。
加えて、赤錆が全体に出てしまっているのが、ちょっと残念です。

あと、細かいことですが、
豊科(とくに南部の高家地区)で目に付くことですが、
「火の用心」の大きな看板が足元に立てかけられていて。
2012.01.22.4.JPG
コンパネに描かれたバージョンは、飯田公民館脇の火の見櫓にもありました。
やはり地域でなにかしらの約束事があるような気がしてなりません。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

豊科成相新田に立つふたつの火の見櫓 [火の見櫓(安曇野市)]

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

豊科の古くからの市街地はおおまかにいって成相と新田の二地区に分かれますが、
一般にはたいてい成相新田と一括りで表現されることが多いですね。
まちが一体化しているので両者の境界も複雑に入り組んでいて
地元の人でもはっきり分からなくなってしまっていますが、
その点では穂高町と等々力町の両村でもつ穂高のまちなかも似たようなもんですね。

成相も新田もそれぞれに産土神を持ち、公民館もそれぞれに存在。
そして火の見櫓も両者にきちんと存在しています。

両者について現時点で有名(?)なのは新田のほうの火の見櫓だと思います。
国道147号沿いにあって比較的背も高いので、けっこう目立ちます。
2012.01.07.1.JPG(アップで撮った写真がなくてスミマセン)
安曇野界隈ではスタンダードな3本の脚注。
踊り場が2層あって傍らには消防団詰所。
半鐘は途中の踊り場と見張り台のそれぞれにあり、
また近年ありがちなスピーカーが付属されていないのがデザイン的にグッド。
隣接して新田地区の公民館もあって、まさに地域の拠点ですね。
昨年春のふるさとウォッチングでもこの火の見櫓は紹介しましたが、
ヤグラー入門編としてはまず押さえておきたい基本が勉強できると思います。

いっぽう成相の火の見櫓は少し奥まった場所にあって目立ちません。
2012.01.07.3.JPG
(火の見櫓が目立たない、というのも本来の目的からしてどうかと思うのですが。)
2012.01.07.4.JPG
2012.01.07.5.JPG
背丈も新田に比べれば低くて途中に踊り場もなく、ハシゴが見張り台まで直登です。
脚注の絞りが曲線でなく、背丈のわりに足元がワイドなので
なんとなくずんぐりむっくりな印象。
じつは成相の火の見櫓は新田と同じくもとは国道沿いにあったのですが、
いつの頃だったかこの場所に移転してきたという経緯があります。
(移転した時期は以前聞いたのですがメモしてなくて失念しました。)

移転といっても元々国道沿いにあった火の見櫓はかなり高層だったようで、
古い写真からみても新田のそれに勝るとも劣らぬ立派なものだったことが分かります。
2012.01.07.6.jpg
現在のまちづくり会館脇、うろたえ橋と呼ばれる地にありました。
(現在のものとの関係性は地元住民の聞き取り調査が必要ですかね。)
2012.01.07.2.JPG
現在の場所は成相交差点から堀金に向かう道の、大糸線の跨線橋脇に立っています。
これも昔からずいぶん使っている道なのに、最近までまったく気づかぬ存在でした。

ちなみにこちらは新田地区の昔の写真。
2012.01.07.7.jpg
写っている状況から推測して今の火の見櫓とは道路を挟んだ反対側にあったように感じます。
(地元の年配の人にでも今度裏付け調査してみないと。)
しかもなんとなく木製か?って感じのにおいがしますが、どうでしょう。

昔の写真に火の見櫓が写っているのってけっこう貴重で重宝しています。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | 次の10件 火の見櫓(安曇野市) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。