So-net無料ブログ作成

山ノ内町北限か? [火の見櫓(下高井郡)]

長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬、表落合消防器具置場の火の見やぐら。
20150608omoteochiai1.JPG
中野市方面から国道403号線を北上した表落合地区の国道沿いに立っています。

ここから少し走ると間もなく木島平村に入ってしまう場所。
山ノ内町の北の端は別の場所のほうが突出していますが、
火の見やぐらの立ちそうな場所としてはここらあたりしかないと思われ、
ここが山ノ内町内の火の見やぐらの北限ではなかろうかと推測。

4脚柱でやや細身。
20150608omoteochiai2.JPG
8角形屋根+丸型見張り台はこの地方でよく見かけるパターン。
屋根の先端は蕨手仕様。

脚部から踊り場直下までは直線的な絞込みで、
そこから最上部にかけては真っ直ぐ伸びきっていますね。
20150608omoteochiai3.JPG
20150608omoteochiai4.JPG

足元にくっついていたコレ。
20150608omoteochiai5.JPG
旗竿挿しのような感じもしますが、なんでしょうかね?

全体に塗装の剥げ具合がやや目立つのが気になります。
20150608omoteochiai6.JPG

山ノ内町(たぶん)北限の称号を守り続けてほしいものです。
20150608omoteochiai7.JPG

(取材日:2015年6月8日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。