So-net無料ブログ作成

新湯田中温泉の火の見やぐら [火の見櫓(下高井郡)]

長野県下高井郡山ノ内町平穏、新湯田中温泉の火の見やぐら。
20150504tamagaki1.JPG
湯田中駅前の道を西へと向かうと新湯田中温泉のエリア。
その入口にあたる辻に玉垣額之助碑と称される
地方巡業中に病に倒れてこの地で亡くなった
明治時代の力士を顕彰し弔う石碑があり、
その傍らに立つ消防倉庫の、その屋根上に火の見やぐらは建てられています。
20150504tamagaki4.JPG
20150504tamagaki5.JPG

蕨手のついた八角形屋根に丸型見張り台、
そして四角形の踊り場も含めて相応の大きさをしたもの。
20150504tamagaki2.JPG
20150504tamagaki8.JPG
その割には背丈があまりないので、ずんぐりむっくりな印象もあるのですが、
これが倉庫の屋根ではなく地面から鉄骨で建てられていたのなら
いいバランスのタワーになるのではないかなという感じもします。
半鐘は見張り台にありますが、踊り場には半鐘用の小屋根が残るのみ。

やぐら自体は塗装もさほど目立つ劣化はなく、
屋根もしっかりしている感じですが、
足元の倉庫のほうがどれほどの耐久性を保っているか微妙な感じ。
倉庫の老朽化を名目とした建て直しからのやぐら撤去という
流れが起こりそうで心配なところです。
20150504tamagaki6.JPG
20150504tamagaki3.JPG
20150504tamagaki7.JPG

(取材日:2015年5月4日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

星川温泉の火の見やぐら [火の見櫓(下高井郡)]

長野県下高井郡山ノ内町平穏、星川温泉に立つ火の見やぐら。
20150504hoshinoyu1.JPG
同地の温泉街は渋湯田中温泉郷という総称がありますが、
この日取材するまで10くらいの温泉街が存在しているとは知らず、
単純に湯田中と渋のふたつだけかと思い込んで勘違いしていました。

そんなたくさんある温泉街のひとつ、星川温泉の街区に立つ火の見やぐらは
4脚柱のスタンダードなタワーですが、前エントリーの湯田中温泉街のものとは
各部のデザインがけっこう異なっています。

八角形屋根+丸型踊り場は湯田中と同様ですが
こちらの屋根の尖端には蕨手が在りません。
20150504hoshinoyu3.JPG

湯田中の大きく張り出した四角形踊り場に対し、
この星川温泉のものは柱内部で梯子の切り替え用に
用意されただけの最小面積のステップ。
20150504hoshinoyu4.JPG
脚部は4面ともアーチ式で、昇降口は湯田中同様に
柱の一本に足掛けフックが装着されています。

全体的なフォルムは中間くらいの高さまで直線的に絞り込まれ、
そこから最上部までは垂直に伸びて立っている感じで。
悪くないですが、見てくれの印象としてはやはり曲線で
絞り込まれているほうがカッコいいですね。

銘板が付いていました。
20150504hoshinoyu2.JPG
「製造 施工
 株式会社 羽生田鉄工所
 HANIUDA IRON WORKS CO.LTD.
 本社工場 長野縣須坂町○○ 電話 ○○…
 東京支店 東京都日本橋茅場町○○ 電話 ○○…」

現在、長野市にある羽生田鉄工所が須坂にあった時代の建設のようです。
建設年代が判読できないのが残念。
「昭和 年」とあって年の数を記す欄があるプレートなのですが、
消えてしまったか、最初から刻まなかったか。

手前に立っている温泉場の木造灯篭といい感じですね。
20150504hoshinoyu5.JPG

(取材日:2015年5月4日)




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。