So-net無料ブログ作成

対岸からも目立つ火の見やぐら [火の見櫓(上高井郡)]

長野県上高井郡高山村、荻久保地区の火の見やぐら。
20120430ogikubo1.JPG
山田温泉などを抜ける松川の谷の右岸にある集落で、
対岸側の道路を走っていると木々の合間から
この背の高い火の見やぐらを望むことができます。
20120430ogikubo6.JPG

8角形屋根&丸型見張り台の高山村スタンダード(?)の組み合わせ。
20120430ogikubo4.JPG

そしてブレースはここもまた山形鋼&リング式ターンバックルの併用タイプ。
20120430ogikubo5.JPG

しかしながら鉄工所は山田温泉の田幸鉄工所ではない様子。
20120430ogikubo3.JPG
「山田村消防団
 荻久保分団
 施工 昭和31年4月
 江澤鉄工所・・・」

同じ須坂市の鉄工所のようですが、
これではこのブレース形状の特殊である理由を
同一鉄工所の個性と片付けることができなくなりました。
広く解釈すれば須高地域の特徴と括ってしまえばいいわけですが、
それではなんとなくしっくりしません。
はてさて、どうしたものか。。。
20120430ogikubo2.JPG

(取材日:2012年4月30日)



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。