So-net無料ブログ作成

世界遺産を見守る木造の火の見やぐら [火の見櫓(和歌山県)]

新年の初詣は、都合がつけばいつも紀州は天野の里にある丹生都比売神社。
高野山の守護神として古くから崇敬されてきた古社ですが、
世界遺産になってからは一般の参詣も多くなったようで、
この日も初詣客が小雪の舞う中、大勢訪れていました。
2015.01.01.amano5.JPG
2015.01.01.amano6.jpg

同社についての記事は以前のエントリーをご覧いただければ。。。

そんな世界遺産の神社の境内傍らに、一基の火の見やぐらを発見。
2015.01.01.amano1.JPG
木造の2本柱を用いた火の見やぐら、火の見はしごですね。

高さは5メートルにも満たない小さなハシゴ型ですが、
トップに装備されている半鐘は立派なものです。
2015.01.01.amano2.JPG

最上部以外の梯子の段部分は鉄筋が使われています。
2015.01.01.amano3.JPG

表参道とは別の境内奥へ通じる脇の出入り口になるところにあり、
天野の集落中心から少し離れていることから、
有事の際の中継塔の意味合いがあったのかもしれません。
集落の火災を神社に知らせるためか、あるいはその逆か。。。

塔の向こうに反橋が見えます。
2015.01.01.amano4.JPG
世界遺産とまではいかずとも、いつまでも大事に残っていてほしい火の見梯子ですね。

(撮影日:2015年1月1日)




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。