So-net無料ブログ作成

山桜神社の火の見やぐら、再訪 [火の見櫓(岐阜県)]

岐阜県高山市、本町の山桜神社境内に立つ火の見やぐら。
2014.11.02.3.JPG
国登録有形文化財になっている木造の火の見やぐらは
業界(?)ではあまりに有名な存在で。

自分としては2年近く前の春先に取材に出向いているのですが、
今日久しぶりに高山市内に足を運んだ機会に
改めて訪問してみた次第です。
前回訪問の取材記録はこちら

境内の社殿(社務所?)の建物上部に立つ形状のため、
やぐらのすぐ傍らまで近づけないのは相変わらずで残念なのですが、
外観を見てみたところ、とくにマイナスの変化が見られる様子もなく、
まずは一安心といったところ。
しいて言えば櫓の袴部分に使用されている杉板が
少し褪せてきているように見えなくもないところでしょうか。
2014.11.02.2.JPG

時折小雨のぱらつく生憎の天気のなか、
それでもさんまち界隈をはじめ、街は大勢の観光客で賑わっている様子でしたが、
さすがにこの火の見やぐらに関心を示す人はいないだろう、、、などとタカをくくっていると、
いはやは何人かの人がやぐらに対してカメラを向けて撮影していましたよ。

自分が写真撮影している同じタイミングで違う方向から2人ほど。
その後、車を走らせてたまたま傍を通り過ぎたときにまたひとり、
カメラを構えていまして。

その方々の正体が火の見ヤグラーなのか、
文化財というジャンルに関心がある筋の方なのか、
はたまたたまたま目に飛び込んできた異質な構造物に
興味をそそられて何気なしに写真に撮ってみただけなのか。。。

まあ理由はそれぞれにあるとして、
火の見やぐらの存在に関心を示す人がいることは喜ばしいことに違いないです。
2014.11.02.1.JPG
2014.11.02.4.JPG
この関心の度合いがどこの集落にでもある、なんでもない鉄骨火の見やぐらにも
強く向けられるようになると、もっと喜ばしいことになるのですが、はてさて。。。

(撮影日:2014年11月2日)


より大きな地図で 火の見櫓(岐阜県) を表示
コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。