So-net無料ブログ作成

半鐘と盆鐘を両方持つ火の見やぐら [火の見櫓(安曇野市)]

長野県安曇野市三郷温、楡地区の火の見やぐら。
2014.05.11.nire1.JPG
楡地区は安曇野の古社で有名な住吉神社の控える地区で、
火の見やぐらはその楡地区の公民館のすぐ近所に立っています。

安曇野スタンダードな3脚柱の高層タワー。
2014.05.11.nire2.JPG
6角形屋根+6角形見張り台。
スピーカーと無線アンテナがいささか目立ちますが、
半鐘はしっかり見張り台に残っています。

そして踊り場には盆鐘。
2014.05.11.nire3.JPG
今はおそらく同地区消防団も打刻することはないだろうと思うのですが、
実際使用していた頃は、半鐘と盆鐘の使い分けはどうしていたのでしょうね。
打刻の緊急度合いに応じて使い分けていたのか、あるいは。。。

脚部はアーチですが、やはり端部まで伸び切っていないのでデザイン面で今一歩。
2014.05.11.nire4.JPG
公民館入口に道祖神があったのでツーショットを狙ってみましたが、
角度的に画像の状況が目いっぱいでした。
2014.05.11.nire5.JPG
あしからず。

(撮影日:2014年5月11日)


より大きな地図で 火の見やぐら(長野県安曇野市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

屋敷林がお似合いの火の見やぐら [火の見櫓(安曇野市)]

長野県安曇野市三郷明盛、二木地区の火の見やぐら。
2014.05.11.hutatsugi1.JPG
広域農道より安曇野市三郷支所の方向へ入っていくと、
二木地区の公民館脇にスラットしたタワー型が立っています。

3脚柱の安曇野スタイルな高層タワー型で、
6角形屋根+6角形見張り台を装備。
2014.05.11.hutatsugi2.JPG
2014.05.11.hutatsugi3.JPG
半鐘は途中の踊り場脇に装着されています。

足元はアーチで納められているのですが、
もう少しアーチの先端が柱脚まで伸びきって欲しかったところ。
2014.05.11.hutatsugi4.JPG

ここは二木地区の屋敷林や古民家が建ち並ぶエリアにあり、
この火の見やぐらにも隣接して立派な屋敷林が見られます。
2014.05.11.hutatsugi5.JPG
樹木の高さを見張り台の高さ分だけ突き出している感じがいいです。
景観の構成要素としての火の見やぐらと屋敷林って、
けっこう相性いいと思うのですが、どうですか。
単体でスタイルのいい火の見やぐらを鑑賞するのもいいですが、
周辺環境にいかに自然と溶け込んでいるかというのを見るにも
こうして一歩引いた場所から見つめてみるというのも
大切な鑑賞スタイルであることがよく分かりますね。

(撮影日:2014年5月11日)


より大きな地図で 火の見やぐら(長野県安曇野市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。