So-net無料ブログ作成

水鏡と常念岳と火の見やぐら [火の見櫓(安曇野市)]

長野県安曇野市三郷温、上長尾の火の見やぐら。
2014.05.11.kaminagao1.JPG
取材が5月のゴールデンウィーク明けだったこともあり、
周囲の田んぼはまだ田植えを終えたばかり。
なので水鏡の様子をまだ楽しむことが出来ました。
2014.05.11.kaminagao2.JPG

やぐら自体はノーマルな3脚柱タイプで、背丈は中規模レベル。
半鐘もすでに撤去されている模様です。
6角形屋根+6角形見張り台。
2014.05.11.kaminagao4.JPG
見張り台には最低限必要な広さというものがあるでしょう。
なので、背丈が高くないと柱脚の絞りがゆるく囲まれた面積が大きいので
見張り台の広さと差がなくなるため、見た目のバランスが微妙によくないです。
2014.05.11.kaminagao5.JPG

見通しのよい場所にあり、
取材日は天気もよかったので背景の常念岳とコラボできました。
2014.05.11.kaminagao3.JPG
2014.05.11.kaminagao6.JPG

塗装の剥げ具合も気になり先行きが不安ですが、
ロケーションがいいので可能な限り生き長らえて欲しいですね。

(撮影日:2014年5月11日)


より大きな地図で 火の見やぐら(長野県安曇野市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。