So-net無料ブログ作成

文化財指定のはじめちゃん [狛犬・寺社(下伊那郡)]

下伊那郡根羽村取手、若宮神明宮。
2014.05.04.wakamiya1.JPG
三州街道=国道153号を根羽村から平谷村方面に北上すると、
その途中の取手地区で国道に隣接して鎮座しているのですが、
集落が現国道より一段下がった場所にあるため、
境内の参道入口にたどり着くのにちょっとばかし苦労しました。
2014.05.04.wakamiya2.JPG
集落上部の鎮守の森のなかにこじんまりとした社殿。
2014.05.04.wakamiya3.JPG

この社殿前の両脇にちっちゃな狛犬が一対居ます。
2014.05.04.wakamiya4.JPG
2014.05.04.wakamiya5.JPG2014.05.04.wakamiya6.JPG
元禄9(1696)年丙子11月建立。
根羽村有形文化財に指定されている狛犬です。
2014.05.04.wakamiya7.JPG2014.05.04.wakamiya8.JPG

制作年は阿形の背中に彫り込まれてありますが、石工名は不明です。
2014.05.04.wakamiya14.JPG2014.05.04.wakamiya13.JPG
一番というわけではないですが、制作年が刻まれている狛犬としては
相当古い部類に入るはじめちゃんです。

2014.05.04.wakamiya11.JPG2014.05.04.wakamiya12.JPG
前エントリーの八柱神社と比較して、
さすがに同一デザインと括るのはきついところもありますが、
全体的な印象というか、表情なんかは同じ系譜の上にあるような気がします。
八柱のほうは年代不明ですが、そちらのほうが洗練されている感じもするので、
やはり若宮のこの子達のほうが古い年代生まれでしょうね。

表情もはじめちゃん特有の愛嬌ある、どこか悪戯っぽい感じがいいです。
2014.05.04.wakamiya9.JPG2014.05.04.wakamiya10.JPG
吽形のほうは台座への据え方で少し傾いているのもあるのですが、
少し小首をかしげているような感じもして可愛いです。

2014.05.04.wakamiya15.JPG
石造の参道狛犬で文化財指定を受けている狛犬は全国でも少数なので、
その意味でもたいへん貴重な子たちに出会えました。
2014.05.04.wakamiya16.JPG

(撮影日:2014年5月4日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

杉の巨木と居並ぶはじめ狛犬 [狛犬・寺社(下伊那郡)]

下伊那郡根羽村、八柱神社。
2014.05.4.yahashira1.JPG
長野県神社庁の由緒によれば、
『創建は不詳。明治40年、村内2つの村社と7つの無格社を同年10月遷座し、
41年1月15日に合祀。明治40年より7年目毎に七年祭と称し、
東西南北中央の5ヶ所より山車、獅子舞い、廻り太鼓、おどり等出て行われる。』
とあります。
七年祭りは近年過疎化と高齢化で祭り存続が危ぶまれていたようですが、
最新の平成21(2009)年の祭りでは、若いIターン者なども多数参加するなど、
盛り上がりを見せたとローカル紙が記事を出しています。

同社は村役場から国道153号を豊田市方面へ走ると
集落の終わるあたりで右手の山側に鎮座しています。

参道入口脇に、村有形文化財指定の馬頭観音立像。
三面の馬頭観音を直接目にするのは自分は初めてです。
2014.05.4.yahashira21.JPG

国道沿いから石段を上がると神橋と一の鳥居。
2014.05.4.yahashira2.JPG
そして杉木立に囲まれた長い石段。
2014.05.4.yahashira3.JPG
境内は段々になっており、中ほどと上段の一角には
村の天然記念物に指定されている杉の巨木が2本並び立っています。
2014.05.4.yahashira4.JPG
根羽村は村の基幹産業として材木としての杉の生産出荷に熱心に取り組んでいます。
かくいう自分もじつは自邸は根羽杉を全材木のうちの8割以上の部位で使っており、
まさに同社のある根羽村は我が家のふるさとといったところ。
この巨木は杉の村のシンボルツリーといってもいい雰囲気ですね。
2014.05.4.yahashira5.JPG

表参道以外に車で上って来る道もいちおうあるようで、
手水舎はそちら側に用意されていました。
2014.05.4.yahashira6.JPG

境内最上段、拝殿。
2014.05.4.yahashira7.JPG
本殿。
2014.05.4.yahashira8.JPG
境内社。
2014.05.4.yahashira11.JPG

ご祭神は社名で分かるように、八柱の神様。
正哉吾勝々速日天忍穂耳命
天穂日命
活津日子根命
天日子根命
熊野久須毘命
多紀里比売命
狭依比売命
多紀律比売命  以上、長野県神社庁HPより。

じつは本殿の正面に神殿狛犬が存在するのですが、
本殿正面は壁に囲われており、拝殿側からしか望めません。
撮影しようにも遠いし暗いしで、ろくな画像になりませんでした。
ので、ここでの掲載は割愛します。

向拝にいた狛犬たちはこんな感じ。
2014.05.4.yahashira9.JPG2014.05.4.yahashira10.JPG

さて、メインの狛犬たちはこちら。
2014.05.4.yahashira12.JPG2014.05.4.yahashira13.JPG
建立年代不明のはじめちゃん。
表情や全体的なデザインが同地方でよく見かけるはじめタイプの類型で、
同日に取材で訪れた神社で類似型の子達との出会いがありました。

前掛けとふんどし(腰巻?)をしています。
2014.05.4.yahashira14.JPG2014.05.4.yahashira15.JPG
前掛けは時折見かけたりしますが、腰巻というのは自分は
見かけた記憶があまりないです。
で、どうしても気になってしまったので、不謹慎かとも思いつつ、
ついつい腰巻をチラッと捲ってみたのですが、、、
えーと、いちおう吽形にはなくて、阿形にはありました。
この子達の作者は雌雄を考えて作ったということですね。
いちおう証拠画像も撮っていますが、同ブログはレイティングを設けていないので
ここに掲載することは止めておきます。(って、なんのこっちゃ?)

表情ははじめちゃんのご多分に漏れず獅子のイメージとは程遠いもの。
やはり犬のそれに近いものをイメージして作成されたのでしょうか。
2014.05.4.yahashira16.JPG2014.05.4.yahashira17.JPG
平べったく角ばった感じですが、愛嬌がありますね。

上から眺めると後ろ足が豚さんのような印象w
2014.05.4.yahashira18.JPG2014.05.4.yahashira19.JPG
素朴さが売りのはじめちゃんとしては、
まさに絵に描いたようなデザインで良作でした。
2014.05.4.yahashira20.JPG

(撮影日:2014年5月4日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。