So-net無料ブログ作成

参道入口に立つ高層3脚タワー型 [火の見櫓(青森県)]

青森県平川市、猿賀石林の火の見櫓。
2013.08.14.ogami2.1.JPG
猿賀神社の表参道入口、一の鳥居の傍らにデンッと構えています。
2013.08.14.ogami2.2.JPG
今回の取材ツアーで出会った火の見櫓のなかでも
高層の部類に入るでしょう。
2013.08.14.ogami2.6.JPG
周辺の建物からも、頭がひとつふたつ抜け出ていますね。

2013.08.14.ogami2.3.JPG
六角形の屋根に丸型の見張り台。
スピーカーが付属していますが、半鐘もちゃんと残っています。

2013.08.14.ogami2.4.JPG
途中にある2段の踊り場にも半鐘が付属していますが、
いまでも使われているのでしょうかね。

2013.08.14.ogami2.5.JPG
脚部はかなりワイドに広がっている点も、
この櫓を大きく見せている要因かもしれません。
トラスもしっかり付け根まで伸びているのが好感度いいですが、
脚の一本が歩道にはみ出してますね。
まあ、歩道も幅広なのであまり気にならないのでしょうが。。。

(撮影日:2013年8月14日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。