So-net無料ブログ作成
検索選択

存在感ある盛岡の望楼、紺屋町番屋 [火の見櫓(岩手県)]

盛岡市、紺屋町の番屋。
2013.08.14.moriokadai5bundan1.JPG
大正2(1913)年完成の望楼付消防番屋です。
2013.08.14.moriokadai5bundan12.JPG
2013.08.14.moriokadai5bundan3.JPG
洋風木造建築の2階建てで、望楼は6角形のようです。
昭和52年には盛岡市の保存建造物の指定を受け、
老朽化しながらも現在まで保全が図られています。
2013.08.14.moriokadai5bundan2.JPG

おそらくは老朽化を理由に解体され、新しい消防詰所などへの
建て替えが検討されたりしたであろうとも推測できるのですが、
すぐ近所に真新しいコミュニティ消防センターが建っているのを見ると、
この番屋は歴史的建造物としてしっかり保存する方向で
きっと調整がついたのでしょうね。
2013.08.14.moriokadai5bundan15.JPG

望楼の尖端、避雷針のデザイン可愛いです。
2013.08.14.moriokadai5bundan4.JPG2013.08.14.moriokadai5bundan5.JPG

望楼の外に吊るされている半鐘がいい感じ。
2013.08.14.moriokadai5bundan6.JPG

標識や付属品がいい味を出しています。
2013.08.14.moriokadai5bundan7.JPG2013.08.14.moriokadai5bundan8.JPG

ガラスの一部はまだ手漉きガラスが使われていて、
時代を感じさせてくれます。
2013.08.14.moriokadai5bundan13.JPG2013.08.14.moriokadai5bundan14.JPG

いちおう、ホース干し塔が隣接。
2013.08.14.moriokadai5bundan9.JPG

市街中心部を流れる中津川のすぐ近くにあり、
橋を渡ると県庁や市役所、盛岡城などといった市の中枢が至近で、
いわば盛岡の一等地に建っている状況。
2013.08.14.moriokadai5bundan10.JPG2013.08.14.moriokadai5bundan11.JPG
そんな歴史的木造建造物にとってある意味厳しい環境のなか、
今後も可能な限り長生きして欲しいと思います。

今夏の北東北取材ツアー岩手県内の記事はこれで終了です。
次回からはいよいよ青森県に突入します。
っていうか、まだツアー全体の3分の1しか記事に出来ていない(-_-+
先はまだまだ長い。。。

(撮影日:2013年8月14日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

啄木も気に入った(?)盛岡天満宮の狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

盛岡市新庄町、盛岡天満宮。
2013.08.13.morioka1.JPG
盛岡市街地にあって東よりの小高い丘の上に鎮座しています。
2013.08.13.morioka2.JPG
ここは明治の歌人、詩人として名高い、石川啄木所縁の神社として有名で、
彼が20歳の時に執筆した小説「葬列」のなかに登場する狛犬が存在します。
2013.08.13.morioka3.JPG

啄木は現在の盛岡市玉山区日戸において寺の住職の子として生まれ、
盛岡で長年生活を続けており、その間にしばしばこの天満宮を訪れていたらしく、
当時は「天神山」と呼ばれ、散策と読書の場所として好んでいたようです。

小説「葬列」のなかにある一節↓。

「……自分は圖らずも懷かしい舊知己の立つて居るのに氣付いた。
舊知己とは、社前に相對してぬかづいて居る一双の石の狛である。
……(中略)……よく見ると實に親しむべき愛嬌のある顏だ。
全く世事を超越した高士の俤、イヤ、それよりも一段もつと俗に離れた、
俺は生れてから未だ世の中といふものが西にあるか東にあるか知らないのだ、
と云つた樣な顏だ。……」

というわけで、件の狛犬はどうやらこの子達のようでありまして。
2013.08.13.morioka6.JPG2013.08.13.morioka7.JPG
明治36年6月建立。
近くに住む高畑源次郎が自身の病気平癒願いの叶えられた事を感謝し、
前年の管公一千年祭を記念して奉納したものだそうです。

2013.08.13.morioka8.JPG2013.08.13.morioka9.JPG
中小型規模ではじめちゃんタイプの珍しいデザイン
この取材の中、三陸から遠野にかけてずいぶんと出会いがありましたが、
それらに比べてもオリジナル性溢れた作品であることが理解できます。
2013.08.13.morioka10.JPG2013.08.13.morioka11.JPG
2013.08.13.morioka12.JPG2013.08.13.morioka13.JPG
情報に拠れば高畑源次郎氏は石屋だったそうですが、
全体にはお世辞にも凝ったようには見えない淡白な彫りなので
もしかすると狛犬制作はこれが初めてだったのかも、
とも勘ぐってしまうほど技術的には稚拙なものです。
しかし一見して素人っぽさが感じられなくもないなかで
デザインバランスは不思議と整っていて阿吽とも独特の表情で愛嬌があり、
それが意図的に狙ったデザインであるならば、
高畑源次郎恐るべしといったところでしょうか。

これも遠野のカッパ狛犬と同様、一般の観光ガイドブックにも掲載されており、
お土産品として地元の南部鉄器によってミニチュア狛犬が制作販売されています。
そんな意味でも珍しい一対であると言えますね。

ちなみに狛犬たちは啄木の歌を刻んだ石碑の上に乗せられています。
2013.08.13.morioka4.JPG2013.08.13.morioka5.JPG
2013.08.13.morioka14.JPG2013.08.13.morioka15.JPG
阿形「夏木立中の社の石馬も/汗する日なり/君をゆめみむ」
吽形「松の風夜書ひびきぬ/人訪はぬ山の祠の/石馬の耳に」

ここに出てくる石馬とはすなわち狛犬のことです。
2013.08.13.morioka16.JPG

神社境内にはお稲荷さんがあり、狐も独特の表情。
2013.08.13.morioka17.JPG
2013.08.13.morioka18.JPG2013.08.13.morioka19.JPG
猛禽類のくちばしのような口元がなんともいえないです。

今回は訪問時間が夕暮れ時で写真撮影もフラッシュ無しで撮影可能な
ギリギリの時間でのバタバタした取材になりました。
もし再訪の機会があれば今度はゆったりとした気持ちで
狛犬たちと向き合いたいと思います。
2013.08.13.morioka20.JPG
お土産品の鉄器狛犬も買えなかったし。。。

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

一般のガイドブックにも載るカッパ狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市土淵町土淵、常堅寺。
2013.08.13.joukenji1.JPG
2013.08.13.joukenji22.JPG
曹洞宗の寺で山号は蓮峰山。
室町時代の延徳2(1490)年に創建されたとのことですが、
ここがカッパで有名な遠野の中心地的存在ともいえる(?)お寺。
寺に隣接してカッパ淵というカッパ伝説の水辺が在り、
さらに境内にはカッパ狛犬なるものが存在するということで。

山門をくぐると、立派な体躯の狛犬さん一対がお出迎え。
2013.08.13.joukenji2.JPG2013.08.13.joukenji3.JPG
吽形は角付き。
2013.08.13.joukenji6.JPG2013.08.13.joukenji7.JPG
2013.08.13.joukenji4.JPG2013.08.13.joukenji5.JPG
石がたくさん置かれています。

そして問題の(?)カッパ狛犬ですが、
こちらは境内の一角、十王堂の正面に鎮座しています。
2013.08.13.joukenji8.JPG
2013.08.13.joukenji9.JPG2013.08.13.joukenji10.JPG
そしてこの狛犬たちに関する所縁として
カッパ淵の際に由緒書きが以下のようにありまして。

「河童
 馬を川に引きこむいたずらに失敗したカッパは、
 おわびをして許され、母と子の守り神となりました。
 常堅寺の火事のさいは頭の皿から水を吹き出して消しとめ、
 いまでも一対のカッパ狛犬として境内にその姿をとどめています。」

ということだそうな。。。
伝説は伝説として、大切に語り継いでゆきたいものです。
たしかにカッパ淵の様子は、観光客で賑わっていたとはいえ、
昔話の世界でカッパが棲んでいそうな、不思議な空気感がありました。
2013.08.13.joukenji18.JPG
2013.08.13.joukenji19.JPG
2013.08.13.joukenji20.JPG
2013.08.13.joukenji21.JPG

ただ、肝心の狛犬のデザインはというと、
とくべつにカッパを模して作られたというふうでもなく、
どこにでもいるといって差し支えない蹲踞型の尾立ち狛犬。
2013.08.13.joukenji11.JPG2013.08.13.joukenji12.JPG
頭頂部の窪みに水の溜まることがカッパ狛犬と呼ばれる所以のようで、
頭部周囲もどことなく河童の皿頭を模したように見えなくも無いのですが、
頭に窪みを持つ狛犬自体はどこにでも居るというわけではないものの、
江戸時代に制作された狛犬にはときおり見られるデザインでもあり、
我らが穂高神社の若宮社前にいる狛犬のほか、
自分も何体かこうした窪みのある狛犬を目にしています。
2013.08.13.joukenji13.JPG2013.08.13.joukenji14.JPG

一般にこの窪みを設けた理由は複数の説があって、
ここに油をおいて火をつけ灯明代わりに用いたという説や、
原材料の石の大きさの都合で小さな石から制作するため
角(または宝珠)を後付けできるようにするためという説など、
いろいろ言われているようです。
2013.08.13.joukenji15.JPG2013.08.13.joukenji16.JPG

まあ、いづれにせよこうして注目される狛犬がいること自体は
ある意味歓迎すべきことなのかもしれません。
理由はどうあれ、このカッパ狛犬との出会いをきっかけにして
各地の狛犬に関心を持つ人がひとりでも多く出てきてくれれば、
それはそれで願ったりのことでもありますし。
2013.08.13.joukenji17.JPG

さて、この常堅寺を最後に、今回の遠野市内の取材は終了。
他にも立ち寄りたい神社がたくさんあったのですが、
またいつか再訪するときまで取っておきたいと思います。
狛犬と火の見櫓以外、ゆっくりと純粋な観光をまったくせぬままでしたし。

ところで常堅寺の近所を歩いていると、
ビールの原材料になるホップの畑が目に付きました。
2013.08.13.joukenji23.JPG
自分は知らなかったのですが、岩手県はホップ生産が全国有数なんですね。
そのなかでも遠野市一円は県内一の生産量なんだとか。
時代が時代なら、ビールを片手にした「酔っ払い狛犬」なんていうのも
もしかしたら彫られたりしていたかも(^^;

撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

遠野の沼田三次郎作の陶器狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市松崎町、元八幡宮。
2013.08.13.motohachiman1.JPG
遠野市街より北へ少し走った山麓エリアの郊外にあり、
遠野遺産のひとつとなっています。
遠野郷八幡宮が現在地に遷座する前にあったのが同地らしく、
故に元八幡と呼ばれているそうです。

車で乗り付けたのですが、表参道の位置が最初分からず、
拝殿の横から境内に入ってしまいました。
時間も無かったので参道側の画像はありません。

拝殿前に陶器製狛犬が一対。
2013.08.13.motohachiman2.JPG2013.08.13.motohachiman3.JPG
昭和41(1966)年旧8月15日建立。
唐獅子制作者:沼田三次郎
左官工事者:菊池酉松、菊池行夫

沼田三次郎は同市内でよく見かける陶器狛犬の制作者です。
作品は際立って個性的というわけではなく、
どちらかというと堅実なものが多いようです。
それだけに飽きも無く見ごたえのある良作になっている気がします。
2013.08.13.motohachiman4.JPG2013.08.13.motohachiman5.JPG

この元八幡宮の狛犬たちも、落ち着いたいい出来栄えですね。
2013.08.13.motohachiman6.JPG
2013.08.13.motohachiman7.JPG

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ちっちゃくても存在感満点、遠野を代表する狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市土淵町、倭文神社。
2013.08.13.hidori1.JPG

倭文と書いて「ひどり」と読みます。
こちらの神社も遠野遺産に指定されています。
2013.08.13.hidori2.JPG

遠野市街から程近く、遠野郷八幡宮からも車で数分の場所ですが、
ここに今回の取材ツアーで絶対見逃せないとリストアップしていた
狛犬の一対がいます。

神社については、現地の由緒書きによると、
地域の主(←ローカルな歴史の人)が文殊菩薩をその守護として勧請。
明治の神仏分離令により倭文神社と改められて村社となり、
一般には文殊と呼ばれ、知恵の向上を祈り、学童の清書を奉納し、
健康を願い筆蹟の上達を祈願する、、、
というような意味のことが書かれていましたが、
地方の歴史を知らないので詳細は割愛。
2013.08.13.hidori19.JPG

街道の入口から小高い丘に登ると、こじんまりとひらけた境内に出ます。
2013.08.13.hidori3.JPG
2013.08.13.hidori4.JPG
そして正面の石段を登りきったところにいるのが、
念願叶って出会うことの出来た狛犬です。
2013.08.13.hidori5.JPG
2013.08.13.hidori6.JPG2013.08.13.hidori7.JPG
建立年は不明。
六角石神社で見たものよりさらに小ぶり。

2013.08.13.hidori10.JPG2013.08.13.hidori11.JPG
2013.08.13.hidori14.JPG2013.08.13.hidori15.JPG
やはり獅子という印象は薄くて、
また人面というよりどちらかというと猿に近い感じがします。

見た目にいかにもはじめちゃんタイプ。
2013.08.13.hidori8.JPG2013.08.13.hidori9.JPG
はじめちゃんは腹部や両前足の間が彫り抜かれていないことも多く、
この子たちもまさにそうなんですが、
だからといって単純に年代が古いと断言できないのが岩手県の狛犬たち。
ここまで見てきた(とくに三陸沿岸の)狛犬たちの中にも
一見古そうに見えて実は、、、というのもありましたので要注意。

とはいえ、この子については遠野エリアで制作年の分かっているものと比較して、
少なくとも近代に作られたものではないと思われます。
六角石神社の系譜にのっかりそうなデザインパターンの印象ですが、
どちらが古いかといわれれば、こちら倭文神社のほうが古いように思えます。

で、六角石神社の狛犬は宝永7(1710)と嘉永7(1854)のいづれかと推測できますが、
その六角石のほうを支持の多い宝永7年説として考えるとすると、
こちら倭文神社のほうは制作年が17世紀に入る可能性も出てきます。
これは石造の参道狛犬のなかではかなり古い年代に入ります。
もちろん、それが事実であってもなんら不思議ではないのが
この子達の姿かたちかなと思いますが。

2013.08.13.hidori17.JPG2013.08.13.hidori18.JPG

2013.08.13.hidori12.JPG2013.08.13.hidori13.JPG
2013.08.13.hidori16.JPG
拝殿で参拝し、振り返って後姿を鑑賞しつつ、
石段を下りて帰ろうとしましたが、なんとなく後ろ髪引かれる思いがして、
立ち去りがたいものを感じてしまいました。
安曇野以外の狛犬との出会いでこんな思いを抱いたのは過去に二度。
これで三度目になりました。

狛犬研究家&愛好家のなかにも、この子達に
「呼ばれた」とか「誘われた」かのようにこの神社に足を踏み入れ、
この子達と衝撃(?)の対面を果たしている人も何人もいるようで。

ちっちゃくておとなしそうな子たちでしたが、
それほどまでに強い印象を受ける狛犬でした。

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

遠野のお寺に居る狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市松崎町駒木、福泉寺。
2013.08.13.hukusenji1.JPG
遠野市街から北向きに車を走らせた郊外に建つお寺。
ここにも陶器製狛犬がいるというので、車を走らせてみました。
2013.08.13.hukusenji2.JPG
2013.08.13.hukusenji3.JPG2013.08.13.hukusenji4.JPG
2013.08.13.hukusenji5.JPG2013.08.13.hukusenji6.JPG
台座も高いものが使われていて、堂々とした立派なものでした。
2013.08.13.hukusenji7.JPG

で、狛犬の調査だけに立ち寄ったので、
お寺の詳細はよく分かりません。

福泉寺(遠野市観光協会HP)

撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

遠野郷八幡宮 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市松崎町白岩、遠野郷八幡宮。
2013.08.13.hachimanguu1.JPG
遠野市一円ではもっとも大きい神社といえるでしょう。

ご祭神は、八幡宮ですから
誉田別尊
ほか、
大国主神
事代主神
少名彦神
御年神

同社HPによれば、創建は定かではないですが、
文治5年(1189)に平泉の藤原氏追討に従軍して功があり、
源頼朝から遠野郷を賜った阿曽沼広綱が宇夫方広房を代官として送り、
松崎村駒木に「舘」を築いて氏神であった八幡神をまつって遠野郷を統治。
その後、阿曽沼親綱が横田城を築き、城の鬼門である東北の方角に
八幡宮を勧請して崇敬したのが始まりとされています。
(以下、割愛)

境内正面の駐車場に見られるのは二の鳥居。
2013.08.13.hachimanguu2.JPG
2013.08.13.hachimanguu3.JPG
長い参道を歩いて三の鳥居をくぐり抜けると、左右に広大な馬場へと出ます。
2013.08.13.hachimanguu4.JPG
2013.08.13.hachimanguu5.JPG2013.08.13.hachimanguu6.JPG
直線でなんと220メートル。
今年も9月15日に遠野南部流鏑馬が開催されたようですが、
いつか生で鑑賞したいものです。

2013.08.13.hachimanguu7.JPG
さらに続く参道を歩くと、朱塗りの立派な拝殿前に出ますが、
その前に狛犬が二対。
2013.08.13.hachimanguu8.JPG

手前に石造の岡崎現代型。
2013.08.13.hachimanguu9.JPG2013.08.13.hachimanguu10.JPG
平成4(1992)年9月吉日建立。

そして石段の前には陶器製の狛犬一対。
2013.08.13.hachimanguu11.JPG2013.08.13.hachimanguu12.JPG
昭和4(1929)年9月15日建立。
平野瓦工場。
狛犬作者:沼田三次郎。
左官工:山陰清次郎。

作者の沼田三次郎という人は現在も遠野市内で営まれている
沼田製瓦工場という会社の創業者のようで、
そちらのHP内のブログに三次郎氏の詳細が記されています。
沼田製瓦工場HPブログ
2013.08.13.hachimanguu13.JPG2013.08.13.hachimanguu14.JPG
2013.08.13.hachimanguu15.JPG2013.08.13.hachimanguu16.JPG
遠野オリジナルの陶器狛犬。
整った凛々しい姿をしています。

拝殿向拝の色鮮やかな狛犬。
2013.08.13.hachimanguu17.JPG2013.08.13.hachimanguu18.JPG

本殿と境内社。
2013.08.13.hachimanguu19.JPG2013.08.13.hachimanguu20.JPG

摂社の稲荷社には小さな狛犬がいます。
2013.08.13.hachimanguu21.JPG
広島みたいな玉乗り狛犬。
2013.08.13.hachimanguu22.JPG2013.08.13.hachimanguu23.JPG
神殿の小型の玉乗りタイプは、以前に福島県の川原田天満宮で見かけました。
今見返してみると、けっこうデザインが似ています。
単なる偶然とも思えないので、同族(?)なのかもしれませんね。

境内の一角に、鬼瓦が展示されていました。
2013.08.13.hachimanguu24.JPG
東日本大震災まで拝殿の屋根に使われていたもので、
金属屋根に葺き替えになったことを受けて下ろされたものだそうです。
2013.08.13.hachimanguu25.JPG
社紋は向鳩。
八幡宮らしいですね。

遠野郷八幡宮HP

撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

遠野市街地の高台に建つ日枝神社 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市遠野町杉山、日枝神社。
2013.08.13.hie1.JPG
市街地の一角というか東端部、高台にある静かな神社です。
由緒書きによれば、地元では「大日さん」の名で親しまれているらしく、
かつては大日堂が祀られていたそうです。
明治維新後、神仏分離令を経て大日堂は廃され、
山王社を合祀して日枝神社と改称され、現在に至っています。

参道を上がると静かな境内。
2013.08.13.hie2.JPG

(元?)ご神木、山王の松。
2013.08.13.hie3.JPG
周辺環境悪化により、平成11年に伐採されたもの。

鳥居の傍らに狛犬一対。
2013.08.13.hie5.JPG2013.08.13.hie6.JPG
昭和42(1967)年旧6月1日建立。
陶器製ですが、ここ遠野では陶器製をよく見かけました。
制作する作者がいるということに他ならないわけですが、
それぞれに個性があっていいですね。
2013.08.13.hie7.JPG2013.08.13.hie8.JPG
2013.08.13.hie9.JPG2013.08.13.hie10.JPG
ここ日枝神社の子達は、強いて言えば伊豆神社の狛犬と
顔立ちや全体のデザインが似ているようにも思えます。

拝殿と本殿。
2013.08.13.hie11.JPG2013.08.13.hie12.JPG

摂社の天満宮。
2013.08.13.hie13.JPG

その近くに狛犬が一対居ました。
2013.08.13.hie14.JPG2013.08.13.hie15.JPG
昭和6(1931)年5月建立。
2013.08.13.hie16.JPG2013.08.13.hie17.JPG
2013.08.13.hie18.JPG2013.08.13.hie19.JPG
どことなく、関西の匂いが漂うデザイン。
天満宮つながりで、北野天満宮の狛犬をモデルにしたとか、、、
ってなわけではなく、この狛犬たちは消防追悼碑を守る形で鎮座しています。
なので、台座には消防章が彫られていました。
2013.08.13.hie20.JPG
2013.08.13.hie21.JPG

撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

“人面はじめ”な狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市青笹町中沢、六角石神社。
2013.08.13.rokkoushi2.JPG
六角石と書いて“ろっこうし”と読むそうです。
遠野市と釜石市の境に遠野冨士とも呼ばれる六角牛山(ろっこうしさん)があります。
ふたつ前のエントリー記事の伊豆神社でも触れた遠野三山のひとつで、
三山の母神にあたる伊豆神社と六角牛山を結ぶ線上に同社は位置します。
六角牛山頂にはかつて奥宮があり、大同2年(807)、その奥宮に薬師を、
山麓に不動と住吉三神を祀ったことに同社の歴史は始まります。

やがて奥宮が再三火災に見舞われたり、山麓の社が遷座したり、
様々な経緯ののちに奥宮を山麓の社に合祀、
明治になって現在の六角石神社と改称して現在に至っています。
ちなみに同社は里宮の位置付けではなく、あくまで「新山宮」だそうです。

で、境内。
2013.08.13.rokkoushi1.JPG
里の集落から細い山道を走っていった先、
境内入口に山中とは思えないほど広い駐車場が境内入口に見えます。

鳥居から続く長い参道。
2013.08.13.rokkoushi3.JPG
途中にある二の鳥居=両部鳥居は平成24年9月建立のまだ真新しいもの。
2013.08.13.rokkoushi4.JPG
2013.08.13.rokkoushi5.JPG

拝殿の前には平成7年生まれの岡崎(?)が一対。
2013.08.13.rokkoushi13.JPG2013.08.13.rokkoushi14.JPG
でも、普通の岡崎とはちょっと顔つきが違うような。
まあ平成生まれなので大陸系という線もありますが。。。

本殿と拝殿、そして境内社。
2013.08.13.rokkoushi8.JPG2013.08.13.rokkoushi7.JPG
2013.08.13.rokkoushi9.JPG
2013.08.13.rokkoushi10.JPG

境内右手には神輿殿があり、獅子頭神輿が奉られています。
2013.08.13.rokkoushi11.JPG
2013.08.13.rokkoushi12.JPG

そして、この六角石神社ではやはりこの子達が有名。
2013.08.13.rokkoushi15.JPG2013.08.13.rokkoushi16.JPG
三の鳥居のすぐ奥の石段を登りきると、
遠野を代表する狛犬のひとつが一対、静かに鎮座しています。
2013.08.13.rokkoushi17.JPG2013.08.13.rokkoushi18.JPG
○永七寅年八月十五日建立。(←右読み)

元号の頭の文字が欠落しているのが微妙。
「○永七年で寅年」となると、宝永七年(庚寅)と嘉永七年(甲寅)のふたつ。
ネット情報では宝永とする研究者の判断が多いようですが、
自分が直にこの子達に会って確認した限りでは、“庚”の文字は認められませんでした。
なので、この部分の結論は少し控えておきます。

2013.08.13.rokkoushi19.JPG2013.08.13.rokkoushi20.JPG
2013.08.13.rokkoushi23.JPG2013.08.13.rokkoushi24.JPG

いづれにしても特徴的なデザインであり、貴重な存在です。
遠野をはじめ、岩手県内はこうした“はじめ”タイプの特徴的なデザインが
とても多いような気がします。
古い年代のものばかりというわけではなく、
おそらくそれが狛犬制作における地方色のひとつなのでしょう。

阿形の顔の一部に色づけされているのがちょっと余計かなという印象。
2013.08.13.rokkoushi21.JPG2013.08.13.rokkoushi22.JPG

でも、なんにしてもいい子達に出会いました。
2013.08.13.rokkoushi25.JPG

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

どこから見ても、人面狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

遠野市上郷町佐比内赤沢の熊野神社。
2013.08.13.kumano1.JPG
遠野市郊外、佐比内の集落を過ぎて山へと突っ込む直前、
アスファルト車道が切れたところから参道が始まってます。
2013.08.13.kumano2.JPG
長いあぜ道の参道の向こうに鎮守の杜。
というか、里山そのもの。
2013.08.13.kumano3.JPG
2013.08.13.kumano11.JPG

最後の石段を上がりきると、両脇に小さな狛犬がいました。
2013.08.13.kumano4.JPG2013.08.13.kumano5.JPG

弘化4年(1847)建立。
2013.08.13.kumano6.JPG2013.08.13.kumano7.JPG
狛犬・・・もとを辿れば獅子から発展してきた守護獣なわけですが、
この子の場合はライオンというより、人型といったほうがいいような。
少なくとも、顔つきは獅子頭より人面というほうが適切な感じです。
それもかなり個性的な表情というかなんというか。

2013.08.13.kumano8.JPG2013.08.13.kumano9.JPG
坊主頭、
眉毛がボーン、
ダンゴッ鼻、
そして、出っ歯。

張りのある頬など、昔の人の顔つきそのものと思えなくもない。
2013.08.13.kumano10.JPG

なんとも不思議な狛犬です。

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。