So-net無料ブログ作成

幣束相合傘の道祖神 [狛犬・寺社(新潟県)]

新潟県十日町市、荒屋の十二社。
2013.06.09.araya1.JPG
十二社はほんとうにこの界隈でよく見かけます。

国道沿いの境内はこじんまりですが、よく整備されています。
2013.06.09.araya8.JPG

拝殿前の狛犬は岡崎現代型。
2013.06.09.araya2.JPG
2013.06.09.araya3.JPG2013.06.09.araya4.JPG
台座に建立年記載があるのですが、ハッキリしません。
うっすら文字の様子と本体のデザインからして、たぶん昭和初期かな?

舟形の台座が珍しいですね。
2013.06.09.araya5.JPG

境内の石造物群。
2013.06.09.araya6.JPG

幣束の相合傘をした双体道祖神が目を引きます。
2013.06.09.araya7.JPG
安曇野では見かけないタイプですが、
中越地方では他にもあるようで、検索をかけるとあっけなくヒットしました。

人に言わせると股間に手を伸ばしているように見えるらしく、
「股間をうかがう性神」という括りもされる場合があるそうな。

生殖の神とも言われる道祖神ですから、まあ不思議ではないですが。

(撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。