So-net無料ブログ作成

東海道の出入り口に建つ粟田神社 [狛犬・寺社(京都府)]

京都市東山区、粟田口の粟田神社。
2013.04.07.awata1.JPG
知恩院の北、都ホテル京都の西、という位置関係。
2013.04.07.awata2.JPG
三条通に面したところに一の鳥居が立っていますが、
三条通よりひとつ南側の通りが昔の東海道や東山道で、
粟田神社のある粟田口という地域は、その出入り口にあたるのだそうです。
2013.04.07.awata3.JPG
ここから旅を始める人は粟田神社に立ち寄り、
旅の安全を祈願してから旅立ったと、同社の由緒は記しています。

ご祭神はスサノオノミコトとオオムナチノミコト。

二の鳥居を抜けたところでまず一対目の狛犬。
2013.04.07.awata4.JPG
2013.04.07.awata5.JPG
明治40年1月吉祥日、産子出征軍人為紀念建立。
2013.04.07.awata6.JPG2013.04.07.awata7.JPG
阿形は胸元の剥離が目立ち、
吽形は角有りの浪速型ですが、玉持ちなのが特徴。

参道の石段途中に、二対目の狛犬。
2013.04.07.awata8.JPG2013.04.07.awata9.JPG
昭和17年10月神事、建立。
吽形の台座に「皇紀二千六百二年」と記されています。
もちろん紀元と西暦の組み合わせは合っているのですが、
昭和15年建立で皇紀2600年と記されているのはよく見かけるのに対し、
昭和17年でというのは珍しいですね。

この二対目のすぐ傍らにはご神馬。
2013.04.07.awata10.JPG

石段を上りきると、こじんまりした高台の境内が広がり、
平安神宮の大鳥居をすぐそこに望むことができます。
2013.04.07.awata20.JPG
神楽殿があるのは普通の光景ですが、
2013.04.07.awata11.JPG
ここにはさらに能舞台が。
2013.04.07.awata12.JPG

拝殿と本殿。
2013.04.07.awata13.JPG2013.04.07.awata14.JPG
その拝殿前に、三対目の狛犬。
2013.04.07.awata15.JPG2013.04.07.awata16.JPG
玉の首飾りのような鬣が特徴的ですね。
尾のデザインも印象的です。
2013.04.07.awata17.JPG

あと、境内摂社の稲荷社前の狐さん一対。
2013.04.07.awata18.JPG2013.04.07.awata19.JPG
巻物と宝珠(?)を加えています。

取材時は他に誰も参詣者は居ませんでしたが、
毎年10月に行われる粟田祭という例大祭はとても盛大のようで、
大勢の参詣者で賑わうそうですよ。

(撮影日:2013年4月7日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。