So-net無料ブログ作成

イノシシに守られる神社 [狛犬・寺社(京都府)]

京都市上京区、烏丸通の護王神社。
2013.04.06.goou1.JPG
京都御苑とは烏丸通を挟んで西隣に位置し、
かの有名な蛤御門とは目と鼻の先にあります。

ご祭神は和気清麻呂とその姉、和気広虫。
姉弟揃って奈良時代後期から平安草創期に宮中に仕えた、
今で言うところの高級官僚ですかね。
神社の由緒によれば、姉の広虫姫は大変慈悲深い人で、
弟の清麻呂は道鏡事件で一時流罪とされてしまうもその後政界に復帰、
天皇の信任を得て後世に名を残す人物となりました。
烏丸通に面した神社の板塀には、
清麻呂公の歴史を語る絵巻が掲げられています。
2013.04.06.goou2.JPG
2013.04.06.goou3.JPG
そして、和気清麻呂といえば・・・
2013.04.06.goou6.JPG
そう、イノシシです。

道鏡の策略によって大隅国へ流罪となった清麻呂公が
その道鏡の放った刺客に狙われそうになったところを、
猪たちによって命を守られたという伝説によって、
ここ護王神社はじめ和気清麻呂を祀る神社では
イノシシを随身として狛犬の代わりに建立されているそうです。

清麻呂とイノシシの関係については同社HPに詳しくあるので、そちらをば。

護王神社HP

表門前に鎮座するイノシシ。
2013.04.06.goou4.JPG2013.04.06.goou5.JPG
平成19年(2007)4月建立のまだ新しいイノシシですね。
製作 株式会社芳村石材店
彫刻 芳村茂右衛門

手水のイノシシ。
2013.04.06.goou7.JPG
画像では水は出ていませんが、普段は鼻先から水が出ているようです。
幸運の霊猪ということで、鼻をさわると幸せになれる、
またはそこに再び来ることができる、というご利益があるそうな。

拝殿。
2013.04.06.goou8.JPG
その拝殿前のイノシシ一対。
2013.04.06.goou9.JPG2013.04.06.goou10.JPG
明治23年(1890)12月建立。

ちゃんとお尻の始末も丁寧に彫り上げられています。
2013.04.06.goou11.JPG
これは表門前にいる平成生まれの子達も同じでした。

中門と本殿。
2013.04.06.goou12.JPG
2013.04.06.goou13.JPG2013.04.06.goou14.JPG
社務所。
2013.04.06.goou15.JPG
社務所前には各地から奉納されたイノシシ像のコレクションがずらり。
2013.04.06.goou16.JPG
和気清麻呂公の像と巨大なさざれ石。
2013.04.06.goou17.JPG2013.04.06.goou18.JPG
そして境内摂社では、イノシシではなくノーマルな(?)狛犬が守護していました。
2013.04.06.goou19.JPG
2013.04.06.goou20.JPG2013.04.06.goou21.JPG
護王神社はイノシシの話にも関連しますが、
足腰にご利益があるそうです。
腰痛や足の怪我、病気でお悩みの方はぜひ。

(撮影日:2013年4月6日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。