So-net無料ブログ作成

つい足元に目が行ってしまいます [火の見櫓(安曇野市)]

安曇野市穂高有明、富田の火の見櫓。
2013.03.24.tomita1.JPG
穂高駅から山麓線へと向かうしゃくなげ線と広域農道の交わる富田交差点より
西へ少し走った集落内に立っています。

向きを変えると背景に地域のシンボルマウンテンであり守り神的存在の有明山。
2013.03.24.tomita2.JPG
でも、なぜか足元にある仮設トイレに目が行ってしまって。。。

屋根は錆がきていますが、避雷針もまだしっかり立っています。
スピーカーがちょっと目立ち過ぎでしょうか。
2013.03.24.tomita3.JPG
半鐘も錆びていますが、木槌が付属されているのを見てなんとなくホッとした気分。
2013.03.24.tomita4.JPG
トイレの目立つ足元ですが、脚部の納まりもなんとなく気になります。
2013.03.24.tomita5.JPG
アーチの納めが中途半端なのはよく見かけますが、
トラス納めのこれもまた中途半端な印象。
足の根元までもうちょっと伸びていればカッコよかったのだけれど。。。

しゃくなげ線を走っていると見える姿はけっこうすっきりしてカッコいいので、
遠望鑑賞向けの火の見櫓ということで。

(撮影日:2013年3月4日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。