So-net無料ブログ作成
検索選択

松本型狛犬との類似性? [狛犬・寺社(東京都)]

10月東京狛犬取材ツアーで巡った神社は4社。
(ほぼ半日ではこのあたりが限界)

昼間に他の仕事を済ませつつ、夕暮れ時にかろうじて訪問できたのがこちら。
東京都目黒区、下目黒の大鳥神社。
151015ootori1.JPG
151015ootori2.JPG151015ootori3.JPG
山手線目黒駅から権之助坂を西へと下った先、
都道317号との交差点角に鎮座している神社で、
江戸期には目黒不動、金比羅権現と並び目黒の三社様と呼ばれていたそうです。

境内はきれいに整備されていて、いかにも都会の神社。

ご祭神は日本武尊。
相殿として国常立尊と弟橘媛命。

境内の由緒書きによると同社の由来は景行天皇時代に遡るそうで、
日本武尊に所縁が深く、社号も尊に由来するもののようです。
151015ootori6.JPG

立派な拝殿、そして本殿。
151015ootori4.JPG151015ootori5.JPG

末社の目黒稲荷神社。
151015ootori7.JPG151015ootori8.JPG

社務所。
151015ootori10.JPG

神楽殿。
151015ootori9.JPG

庚申塔(青面金剛像)など。
151015ootori16.JPG

片隅には切支丹灯篭なるものがありました。
151015ootori13.JPG151015ootori14.JPG
151015ootori15.JPG

さて、狛犬です。
151015ootori17.JPG151015ootori18.JPG

今回の時間が限定される取材ツアーで同社の狛犬をチョイスしたのは
この子の画像を下調べ中に見かけたことによるのですが。
151015ootori19.JPG151015ootori20.JPG
151015ootori23.JPG151015ootori24.JPG
この表情、というかたてがみの様子。
左右にぐわっと広がるたてがみのデザインは、松本型の狛犬を想起させます。

というか、狛犬のアップ画像だけを見せられたりしたら
松本エリアのどこの神社だろう?と思ってしまうかもしれないほど。

151015ootori32.JPG151015ootori33.JPG
『大正五年(1916)九月吉日』建立。
『溝口石工 内藤慶雲』とあります。

内藤慶雲は川崎市の溝ノ口を中心に仕事をしていた石工とのことで、
この名前の刻まれた狛犬も都内や川崎市内などに数多く残っているそうですね。

ただ、それらの狛犬は作風の大きく異なるものが多く、
内藤慶雲の名を用いた作品は複数人によっているというのが通説のようです。
151015ootori21.JPG151015ootori22.JPG

松本型狛犬というのは基本的に江戸狛犬の流れにあるものと位置付けできますが、
その殆どは現在も松本市内で営業されている田近石材店さんの
当時の親方(二代目の田近勝之助など)の手によるもの。
そんななか、安曇野市下鳥羽の大同神社に居る松本型狛犬一対だけは、
白鳥文治郎(ほか2名)の名前が台座に彫られています。
daidou1.JPG
(↑安曇野市下鳥羽の大同神社にいる狛犬。以前の取材記事はこちら

大同神社の子は松本型としては典型的なデザインですが、
その特徴であるたてがみのワイドな広がりもさることながら、
胴体の皮膚というか体毛を表現しているのであろう鑿跡の様子が
内藤慶雲作の大鳥神社の子達と非常に似通っています。
151015ootori29.JPG151015ootori30.JPG
daidou2.JPG
(上が大鳥神社の狛犬。下が安曇野の大同神社の狛犬。)

このような鑿の入れ方が狛犬制作の技術として珍しくないのか否か、
自分はまだそんなに数多くの取材を重ねたわけではないのでよく分かりません。
ただ、これまで500対近く出会った狛犬のなかでは、
この感じの鑿跡は大同神社とこの大鳥神社の2対のみしか見た記憶がありません。

尾のまとめ方も違うといえば違うかもしれませんが、
先入観を持った目で見てしまうとつい両者似通って見えてしまいます。
151015ootori28.JPG151015ootori27.JPG
daidou4.JPG
(同じく上が大鳥神社、下が大同神社。)

顔の向きを含め細かな相違点も認められますし、
今回たまたま似たようなデザインの子に巡りあっただけかもしれません。
ただ、たてがみだけでなく子獅子の顔つきや鞠といった似たデザインを見てみると、
単純に偶然では済ませられない印象を感じてしまうのも否めない事実。
151015ootori25.JPG151015ootori26.JPG
daidou3.JPG
(同じく・・・以下略w)

じつは以前より大同神社の狛犬は白鳥文治郎作ではないのではないかという疑念があり、
余計にそうした受け止め方をしてしまったのかもしれません。

まさか大鳥神社の子達を作った内藤慶雲が、安曇野の大同神社の子達までも・・・?

大同神社の子達が大鳥神社の子達と同じ大正5年建立というのは、偶然?

ちなみに大同神社の子が白鳥文治郎と違うのではという疑念の理由は
大同神社の子以外の松本型狛犬はすべて田近氏の制作であるということと、
田近氏作の別の神社の狛犬と作風があまりに似すぎているということ。
そして白鳥文治郎の名が刻まれた大同神社以外の狛犬を2対知っていますが、
そのいづれも岡崎現代型で自身の手によるものではないことなどから。

そんな以前からの疑念に加え、今回新たに大鳥神社の内藤慶運狛犬が加わり、
これらの狛犬たちの出自に関する関心がますます高まってしまいました。

続報があれば、また追々記事にして行きたいと思いますが、
また次に東京方面でじっくり狛犬取材をする時間が取れれば、
内藤慶雲のその他の狛犬を幾つか見て巡ってみたいとも考えています。
151015ootori34.JPG

以上で10月15日取材ツアーの記事は終わりです。

(取材日:2015年10月15日)



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 2

彫刻石工せいしろーう

私も松本で狛犬を見た時に江戸狛犬の影響を受けた狛犬だと感じていました。

内藤慶雲は何代継承されているのか分かりませんが充分に可能性は有るかもしれませんね。

本人作であるとしたらこれは凄い発見ですよ!!
by 彫刻石工せいしろーう (2015-11-23 20:51) 

のぶさん

>せいしろーうさん
コメントありがとうございます。

今はまだ実物見ただけで想像の域を出ませんが、
作品(商品)としての狛犬の取引が行われたのか、
人的交流から類似性の強い狛犬が誕生したのか、
あるいは単なる偶然で似ているように見えるだけなのか。。。

狛犬たちと出会うなかで時にこうした謎解きのお題を頂戴しますが、
そんな楽しみ方が自分はとても好きです。
by のぶさん (2015-11-24 07:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。