So-net無料ブログ作成
検索選択

東京にいる手向山神社タイプ [狛犬・寺社(東京都)]

先日、とある所用で東京日帰りで出かけ、ついでに神社巡りをしてきました。
ということで突然ですが数回ほど東京の狛犬紹介を続けます。

東京都台東区鳥越の鳥越神社。
151015torigoe1.JPG

JR総武線浅草橋駅から北へ徒歩約10分ほど、
都会の真ん中に鎮座しています。
151015torigoe18.JPG

境内外の歩道脇に掲示されていた区教育委員会の由緒書きによると
創建は白雉二年(651)。
ご祭神は日本武尊、天児屋根命、徳川家康
社号の由来その他もろもろは以下をどうぞ↓。
151015torigoe13.JPG

社号標の揮毫は鳩山一郎。
151015torigoe11.JPG

石造の鳥居をくぐると境内は左に折れ、
正面奥に立派な拝殿が見えました。
151015torigoe2.JPG
151015torigoe3.JPG

本殿はこちら。
151015torigoe4.JPG

西参道の鳥居。
151015torigoe5.JPG

境内社の志志岐神社はご祭神が豊玉姫命。
151015torigoe6.JPG
151015torigoe7.JPG
穂高神社主祭神の穂高見命の長姉神であり、
神武天皇のおばあちゃんにあたる神様。

福寿神社。
151015torigoe9.JPG
151015torigoe10.JPG

神楽殿(?)。
151015torigoe16.JPG

手水舎。
151015torigoe14.JPG

祖霊舎。
151015torigoe8.JPG

社務所。
151015torigoe17.JPG

狛犬は拝殿前に一対いました。
151015torigoe19.JPG
151015torigoe20.JPG151015torigoe21.JPG
151015torigoe22.JPG151015torigoe23.JPG

銘板によると、昭和7年(1932)6月1日建立。
151015torigoe32.JPG151015torigoe31.JPG
151015torigoe36.JPG151015torigoe35.JPG
そして昭和25庚寅歳5月吉日修復とあります。
戦時中の空襲などで被災して復旧されたということなのでしょうかね?
修復理由は記載がなく、銘板は寄進者氏名がずらっとあるのみです。
151015torigoe34.JPG151015torigoe33.JPG
151015torigoe38.JPG151015torigoe37.JPG

デザインは見ての通り、奈良の手向山神社にいる鎌倉時代作といわれる
奈良市の文化財指定も受けている狛犬のコピーです。

大きさは大型の部類に入ると思いますが、図体のわりに頭の小さい点が特徴で、
吽形に角が付き、阿形が立ち耳で吽形が折れ耳の点もオリジナル同様です。
151015torigoe26.JPG151015torigoe27.JPG

銘板には「狛犬彫刻 八柳五兵衛」とあり、さらに
阿形には「施工者 加瀬又右衛門」、吽形には「施工者 高橋金三郎」とあります。

八柳氏は彫刻家とのことですが、八柳氏が原型を作り、
阿吽をそれぞれの石工が請け負ったということになるのか、
あるいは八柳氏が狛犬制作を手がけ、台座設置を含むその他の石工作業を
施工者の名がある2人が請け負ったということになるのか。
銘板に刻まれた肩書きから察すると後者のような気もするのですが。

靖国神社にいる籠神社型の狛犬も同じ八柳(恭次)氏の名が刻まれており、
そこにも別途石工の名(小澤映二)が刻まれていて、
靖国の子たちと同じようなシステム(?)で制作されたのかもしれませんが、
そもそも靖国の場合も彫刻家と石工の分業体制がいまいちハッキリしていないので
その点については今回もノーコメント。
なにはさておき、自分としては手向山神社のオリジナルをまだ取材していないので、
コピーながらもこちらで同デザインを拝見できたのは有意義なことでした。
151015torigoe24.JPG151015torigoe25.JPG
151015torigoe28.JPG151015torigoe29.JPG

あと手向山神社のコピーがここに存在する理由については、
インターネット上で少し検索した限りでは明確なものが見出せませんでした。
同社から直線距離にして2キロちょっとの程近い日本橋を守護する獅子像が
同じ手向山神社の狛犬を参考にしたとされていますが、
現在の日本橋が完成したのは明治44年ということですから、
そのへんの話がなにかしら影響と言うか背景にあったのではとも
考えられなくもないと思うのですが、、、考えすぎでしょうかね?

境内に張られていた台東区の神社マップ。
151015torigoe15.JPG
神社巡りの好きな人にはこういう地図は楽しくていいですね。
151015torigoe30.JPG

(取材日:2015年10月15日)



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 2

彫刻石工せいしろーう

真鶴の八柳さんは狛犬の製作者として数々の作品を残しています。

この狛犬は先代の作なのですね。

この形の狛犬は私が知っているだけで四対有ります。

作者は八柳家だと推測します。

原型がある狛犬なので正確に作られていてとても技術の高さを感じました。


by 彫刻石工せいしろーう (2015-10-20 21:26) 

のぶさん

>せいしろーうさん、
こんにちは。情報をありがとうございます。
籠神社型などに比べて数は少ないモデルだと思いますが、
他の同モデルの子達にもいつか会いに行きたいですね。

最近は作品のデザイン以上に自分がいつも気になってしまうのが
その作品が作られた背景事情とか経緯とか、制作過程の物語です。

こういう短時間の訪問では掴み切れない部分ですし、
そうでなくても表立って伝えられていない歴史が殆どですから
ミステリーな部分があるのですけど、故にそういう昔の出来事に
思いを馳せて想像の翼を広げてみることを楽しむようにしています(^^)
by のぶさん (2015-10-21 07:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。