So-net無料ブログ作成

善光寺三鎮守、武井神社 [狛犬・寺社(長野市)]

長野市長野東町、武井神社。
20150504takei1.JPG
ふたつ前のエントリー記事の湯福神社と同様、
善光寺七社であり、そして善光寺の三鎮守の神様です。
湯福神社が善光寺西側一帯の町内を氏子としているのに対し、
この武井神社は東側の19町を氏子にしているとのことです。

由緒書きはこちら↓。
20150504takei2.JPG

ご祭神は健御名方神。
相殿神に前八坂刀売神と彦神別神の二柱。
ということで、境内には御柱がズンと立っています。
20150504takei3.JPG

数年前に建て替え工事を行ったらしい、まだ真新しい拝殿の内部に神殿狛犬が一対。
20150504takei5.JPG20150504takei6.JPG
阿形に角、吽形に宝珠が、それぞれの頭に備わっています。
近付いて見られないので年代は不明ですが、そう古い時代のものではなさそう。
でもしっかりと彫り込まれていていい感じです。

本殿。
20150504takei4.JPG

氏子会館(?)。
20150504takei7.JPG

そして社務所。
20150504takei27.JPG

拝殿本殿その他建築物はみな瓦葺なのは
やはり善光寺というお寺の鎮守という性格からでしょうか。

境内の摂末社。

猿田彦神と松尾社。
20150504takei24.JPG20150504takei23.JPG

稲荷社。
20150504takei22.JPG
その稲荷社の隣に写っている社殿は天神社、三峯社、金比羅社。
うっかり写真を撮り忘れ。

雷電の力石なるものもありました。
20150504takei26.JPG20150504takei25.JPG

そして参道狛犬はこちら。
20150504takei8.JPG20150504takei9.JPG
20150504takei10.JPG20150504takei11.JPG
典型的な岡崎現代型。
20150504takei12.JPG20150504takei13.JPG
大正15年(1926)5月建設。
一方の台座には大正丙寅年御柱祭記念とあります。
20150504takei18.JPG20150504takei19.JPG

建設委員の名前が列挙されている一方で石工名もありました。
20150504takei20.JPG
20150504takei21.JPG
岡崎 酒井孫兵衛 刻。

酒井孫兵衛は岡崎石工のなかで最も有名といっていい名跡で
岡崎現代型のデザインを開発確立させた、当時の岡崎を代表する石工ですが、
たぶん自分は酒井孫兵衛の作品を直接目にしたのはこれが初めてだと思います。
(記憶違いでなければ)

自分は岡崎現代型についてこれまで石工ごとの特長とか
そうした細かいこだわりを持たずに、ぶっちゃけスルーに近い状況だったのですが、
少しずつその微細な違いや特徴などに気が向くようになってきました。
といっても、どこがどう異なるのか、石工ごとの特徴がどんなものなのか、
これといって語れるほどのものはまだ持つに至っていないのですが。
(大陸から輸入されている“なんちゃって岡崎”に興味が向かないのは相変わらずですし。)
20150504takei14.JPG20150504takei15.JPG
20150504takei16.JPG20150504takei17.JPG

なんにせよ、酒井孫兵衛作との(たぶん)初対面だった武井神社。
印象に残る神社でした。
20150504takei28.JPG

(取材日:2015年5月4日)




コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 4

おそらく最後の孫兵衛

孫兵衛は八代続く訳ですが大正15年と言う年代を考えると最後の孫兵衛(耕石)の作だと思われます。

孫兵衛の狛犬は六代孫兵衛の時に今の岡崎型を創作されその形がその後多くの岡崎石工の間で作られるようになりました。

私としては六代孫兵衛の狛犬がやはり好きですね。

七代竹童、八代耕石は六代の子供なんですが親の彫りをまねてるだけでとても親を受け継ぐ作品にはなっていなかったようです。

今でこそ見飽きるぐらいあるこの型の狛犬も六代孫兵衛がオリジナルで発表した時は絶賛されたはず。

まぁその後がイケなかった訳ですが・・・・


by おそらく最後の孫兵衛 (2015-07-14 14:29) 

のぶさん

>おそらく最後の孫兵衛 さん
コメントありがとうございます。
そうですね、6代目は前年に亡くなっていますから、
7代目か8代目ということになるのでしょうが、
もし年代以外に何代目の作品か分かる特徴や
デザインの相違などあるようなら知りたいところです。

時間があるとき、気が向いたときにしか更新しないヘタレサイトですが、
またいつでもお気軽にコメントを残していって下さい(^^)
by のぶさん (2015-07-14 20:17) 

彫刻石工せいしろーう

上のコメントは私です。
タイトルと名前間違えてしまいました。

この作品が八代だと思う根拠があります。
岡崎にある岡崎天満宮の狛犬が七代酒井竹童の刻印があり出来はこの狛犬より数段良い出来で有る事。(大正7年)

七代は短命で後に八代が孫兵衛を名乗っている。

もし七代であるなら竹童の名前が彫られているはずだからです。

竹童さんは自分の作品に自信があるので孫兵衛ではなく竹童と彫ったのではないでしょうか?

八代の狛犬の特徴は無く以前の形をそのまま写していた様に思います。

岡崎の狛犬は割に基づいて彫っているので全てが似た印象になることは否めません。

孫兵衛を名乗る以上この割を崩して彫る勇気がなかったのかもしれませんね。
by 彫刻石工せいしろーう (2015-07-14 21:16) 

のぶさん

>せいしろーう さん
上のコメント、やはりせいしろーうさんでしたか(^^)
あるいは、とは思いながら読ませていただいていました。
(あと、ウチのブログのコメントはタイトル欄がなくてスミマセン。)

七代目八代目の話、なるほどそういう根拠ですね。
そういえば七代目の竹童の名前は聞いたことがあります。
私はまだ竹童の刻印が入った岡崎に会ったことはないですが、
いつか機会があれば直接自分の目で観察して
それぞれの違いとかを実感してみたいです。

ちなみに善光寺三鎮守の残りの一社にも
じつは酒井孫兵衛の刻銘がある狛犬がいまして、
次のエントリー記事でアップしたいと思います(たぶん)。
by のぶさん (2015-07-15 11:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。