So-net無料ブログ作成

バス停付きの火の見やぐら [火の見櫓(上高井郡)]

長野県上高井郡高山村、水口地区の火の見やぐら。
20150504mizunaka1.JPG
こちらも前エントリーの赤和地区同様、
3年前の取材時ではなく今年のGWの再訪時に新たに出会ったもの。

赤和地区から車を走らせていると、彼方の集落の一角に火の見やぐらを発見。
20150504mizunaka8.JPG20150504mizunaka9.JPG
画像だけでなく肉眼でもけっこう遠めだったのですが、
それでも発見できるのはヤグラーの千里眼といっていいのでしょうかw

やぐらそのものは高山村スタンダードとでもいうべきスタイル。
20150504mizunaka2.JPG
20150504mizunaka3.JPG
20150504mizunaka5.JPG
20150504mizunaka6.JPG
4脚柱、8角形屋根&丸型見張り台、そして上下で異なる仕様のブレース。

脚部は正面のみアーチで、その他3方は足固めのような横材を装備。

銘板らしきものはありましたが、錆びついて字がかすれて残念ながら判読不能。
20150504mizunaka4.JPG
その代わりといってはなんですが、足元のバス停がいい感じです。
20150504mizunaka10.JPG
「水中火の見」

以前池田町にも火の見バス停がありましたが、
そちらの火の見やぐらは残念ながら解体撤去されてしまいました。

火の見やぐらの記憶がバス停の名前だけということにならないよう、
こちらでは末永く集落のシンボルタワーとして生き続けて欲しいと思います。
20150504mizunaka7.JPG

(取材日:2015年5月4日)




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。