So-net無料ブログ作成

村境に鎮座する鎮守神 [狛犬・寺社(安曇野市)]

長野県安曇野市豊科南穂高、踏入の八幡宮。
2014.06.14.fumiiri1.JPG
長野道安曇野インターを出て県道310号線を北進。
安曇野インター北交差点を左折、すぐの寺所東交差点を右折、
踏入集落に入り込み、道をくねくねと走るとそのうち境内に到着。
外部の者には分かりづらい場所にあるのは確かです。

鳥居は鉄板で巻き込まれていました。
2014.06.14.fumiiri2.JPG

二十三夜塔。
2014.06.14.fumiiri3.JPG

舞台庫。
2014.06.14.fumiiri4.JPG

御大典記念碑。
2014.06.14.fumiiri5.JPG

千度石。
2014.06.14.fumiiri7.JPG

建て直されたばかりであろう、真新しい拝殿と社務所。
2014.06.14.fumiiri8.JPG2014.06.14.fumiiri9.JPG

一間社流造の本殿は古いままのようです。
2014.06.14.fumiiri11.JPG

境内社と御嶽山大権現。
2014.06.14.fumiiri10.JPG

同社は踏入集落の南端にあって隣の寺所地区との境界に立地しています。
一方、その寺所の産土神である諏訪松尾神社は地区の北端に位置しており、
この踏入八幡宮と村境を挟んで対峙しているような感じになっています。
2014.06.14.fumiiri12.JPG
二村の御神域を、田んぼの畦道を歩いて行き来出来るこの不思議な感覚。

狛犬は居ませんでしたが、こじんまりしてキレイに整備された神社でした。
2014.06.14.fumiiri6.JPG

(撮影日:2014年6月14日)


より大きな地図で 狛犬(長野県安曇野市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。