So-net無料ブログ作成

山あいの水鏡に映る火の見やぐら [火の見櫓(大町市)]

長野県大町市美麻、青具地区の火の見やぐら。
2014.05.14.aogu1.JPG
白馬村から長野方面へ抜ける県道31号線沿い、
美麻の青具地区で道路端に立っています。
2014.05.14.aogu2.JPG
塗装の剥離というか錆がきついですね。

屋根が複雑な多角形かと思ってよく見ると
庇の先端がおそらく雪の重みでしょうね、凹んでしまっていました。
2014.05.14.aogu3.JPG

半鐘は梯子を少し登ったあたりに錆つきながらもまだ残されていました。
2014.05.14.aogu4.JPG2014.05.14.aogu5.JPG
ちょうど隣家の奥さんが居たので聞いてみたら、
もう半鐘を叩かなくなって幾久しいとのこと。
過疎の地域ほど消防団の担い手もか細いですから、仕方ないですかね。
2014.05.14.aogu6.JPG

傍らの水田が水を張って田植えをまだしていない状態だったので、
いちおうお約束の逆さ火の見やぐらを撮影してみました。
2014.05.14.aogu7.JPG

(撮影日:2014年5月14日)


より大きな地図で 火の見櫓(長野県大町市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。