So-net無料ブログ作成

阿吽で尾の異なる安政3年狛犬 [狛犬・寺社(飯田市)]

飯田市宮の前、大宮諏訪神社。
2014.05.04.omiyasuwa1.JPG
市街地の西側、県道15号の大宮神社前交差点が参道正面になっています。

一の鳥居をくぐるとすぐ両脇に岡崎現代型。
2014.05.04.omiyasuwa2.JPG2014.05.04.omiyasuwa3.JPG
昭和5(1930)年建立。

二の鳥居の周辺は広い駐車場になっています。
2014.05.04.omiyasuwa4.JPG

ご神門。
2014.05.04.omiyasuwa5.JPG

ご神木の夫婦杉。
2014.05.04.omiyasuwa6.JPG
伝承では1715年植樹とのことですから、樹齢約300年。
もともと2本で植樹されたものが、後年根元が結ばれ双樹となった模様。

石段を上がりきると、拝殿。
2014.05.04.omiyasuwa7.JPG
2014.05.04.omiyasuwa8.JPG

本殿。
2014.05.04.omiyasuwa9.JPG

ご祭神は諏訪神社なわけですから当然、
建御名方富大神。
そして八坂刀売大神。

長野県神社庁のHPに掲載の情報に拠れば、
「建御名方神が信濃に入り諏訪を統合する途中、
当地に立ち寄られたのでこの地に祀られたとされる。」とあります。
建御雷神との力比べに負けて遁走している最中、
そんな余裕があったのかな?などと下世話な想像を膨らませたりします。

境内摂社群。
2014.05.04.omiyasuwa10.JPG2014.05.04.omiyasuwa11.JPG
2014.05.04.omiyasuwa12.JPG2014.05.04.omiyasuwa13.JPG

狛犬は石段を上がりきったところに鎮座。
2014.05.04.omiyasuwa14.JPG2014.05.04.omiyasuwa15.JPG
安政3(1856)丙辰年12月吉日建立。
2014.05.04.omiyasuwa16.JPG2014.05.04.omiyasuwa17.JPG
阿形が角、吽形が宝珠をそれぞれ頭につけています。
2014.05.04.omiyasuwa18.JPG2014.05.04.omiyasuwa19.JPG
全体のデザインはオリジナルといっていいと思うのですが、
細部の様子を見ると浪速型の特徴を持っている様子も確認できます。

ただし尾は阿吽でデザインが異なりますね。
2014.05.04.omiyasuwa20.JPG2014.05.04.omiyasuwa21.JPG
某サイトの情報では制作年代が異なると出ていましたが、
両者の台座にはともに安政の文字が彫られているほかは
別年代の文字は確認できませんでした。
阿吽ともに安政の作品と考えていいと思うのですが、どうでしょうね。
2014.05.04.omiyasuwa22.JPG2014.05.04.omiyasuwa23.JPG

江戸末期の作品ということで、比較的体格も立派で
オーソドックスな作りながらも手堅くまとまった作りだと思います。

鳩ヶ嶺八幡宮もそうでしたが、石段上がりきりに立つ狛犬は
下から見上げる様子が威圧感ばっちりで狛犬らしくていいですね。
2014.05.04.omiyasuwa24.JPG2014.05.04.omiyasuwa25.JPG
2014.05.04.omiyasuwa26.JPG

(撮影日:2014年5月4日)


より大きな地図で 狛犬(長野県飯田市) を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。