So-net無料ブログ作成

京成線沿いに立つツートンカラー [火の見櫓(東京都)]

東京都葛飾区高砂2丁目の火の見櫓。
2014.04.08.takasago3.JPG

数日前、透明タペストリーのU1教授が
日帰りで東京に行かれた際、この火の見櫓を取材してきたそうで。
ちょうど自分も上京予定があったので、ついでとばかりに行って来ました。

京成本線高砂駅の至近にあり、
乗っている電車の窓からもハッキリ分かるほど。
画像は近所の陸橋から撮影。
2014.04.08.takasago1.JPG2014.04.08.takasago2.JPG

立っている敷地は天祖神社の境内になるようで、
参道に鎮座する狛犬とのツーショット写真も楽しめたりします。
2014.04.08.takasago9.JPG
(狛犬については別エントリーで報告します。)

ツートンカラーが目を引きます。
全体のデザインとしては4脚柱のスタンダードなタイプで、
大きさは踊り場が一箇所設けられた中規模クラス。
2014.04.08.takasago5.JPG
2014.04.08.takasago7.JPG

見張り台から上部とハシゴがオレンジ塗装で、その他が明るい緑。
どこかで見た色使いだなと思って記憶を辿ってみたら、
辰野町で見たのと使っている“色だけ”は一緒だった。
(辰野のほうはタワーは全体オレンジで、付属のスピーカーが明るい緑。)

下町とはいえ、東京23区内に残っている火の見櫓は貴重ですね。
この葛飾区以外には江戸川区など隅田川以東や
西部方面の郊外にはまだいくらかは残っているようです。

加速度的に撤去のすすむこの業界ですが、
この珍しいツートンカラーの火の見櫓は
ぜひ長生きしていただきたいものです。
2014.04.08.takasago4.JPG2014.04.08.takasago6.JPG

(撮影日:2014年4月8日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。