So-net無料ブログ作成

覚明像の立つ八幡宮 [狛犬・寺社(安曇野市)]

安曇野市三郷小倉、北小倉地区の八幡宮。
2013.05.08.hachiman1.JPG
北小倉集落の産土神で、上手村、中村、下村のみっつのエリアに分かれる北小倉のうち
白山社をもつ中村以外の上手と下の両地域にとっての神様として祀られています。

戦国時代の山城だった「小倉城址」が背後の山に控えており、
その前衛としての集落の端部に鎮座していることから、その関係性が指摘されています。
2013.05.08.hachiman2.JPG
鎮守の森が背景の山の緑と溶け込んでいますね。

2013.05.08.hachiman3.JPG
ご祭神:誉田別尊(応神天皇)。

広々とした境内は下草もしっかり刈られていてスッキリしています。
2013.05.08.hachiman4.JPG
2013.05.08.hachiman5.JPG
2013.05.08.hachiman6.JPG

社務所。
2013.05.08.hachiman7.JPG

宝蔵。
2013.05.08.hachiman8.JPG

神明社。
2013.05.08.hachiman9.JPG

馬頭観音像。
2013.05.08.hachiman10.JPG
明治17年(1884)建立。
三郷地域では最大の石造馬頭観音像。

秋葉社。
2013.05.08.hachiman11.JPG

御嶽座王大権現。
2013.05.08.hachiman12.JPG
文化9年(1812)建立。

覚明霊神像。
2013.05.08.hachiman13.JPG
覚明は御嶽山の修験道を切り開いた上人で、
ときおりその像碑を見かけます。

拝殿。
2013.05.08.hachiman14.JPG

本殿。
2013.05.08.hachiman15.JPG2013.05.08.hachiman16.JPG
一間社流造。
文化9年(1812)建立の棟札が残されています。

狛犬は居ませんでしたが、落ち着いた静かな神社でした。
2013.05.08.hachiman17.JPG

(撮影日:2013年5月8日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。