So-net無料ブログ作成

自然石(?)狛犬と超巨大玉乗り狛犬 [狛犬・寺社(和歌山県)]

和歌山県伊都郡かつらぎ町、東渋田の蟻通神社。
2013.12.30.aritoushi1.JPG
珍しい名前ですが、大阪泉佐野市、和歌山県田辺市など他にも数社存在するようです。
それぞれ主祭神は異なるようですが、泉佐野の蟻通神社HPによれば、
熊野詣でに連なる道沿いに社が設けられているようなので、
「蟻の熊野詣」の言葉ともなにかしら縁があるのかもしれないと指摘があります。

この東渋田の蟻通神社の由緒書きによれば、、、(クリックで拡大)
2013.12.30.aritoushi2.JPG
ということで、泉佐野の蟻通神社の縁起にも同じ難題七曲勾玉の話があるので、
蟻通神社の共通由来といっていいかもしれませんね。

同社の主祭神“八意思兼命”は知恵を司る神様。
学問・受験の神様的存在ということで、受験生などの参拝が多いようです。

さて境内。
2013.12.30.aritoushi3.JPG
長屋門入口に立つ一の鳥居脇に狛犬一対。
2013.12.30.aritoushi4.JPG2013.12.30.aritoushi5.JPG
平成8年10月建立の岡崎現代型。

境内に進むと、石段途中に神門が見えます。
2013.12.30.aritoushi6.JPG
取材日は大晦日イブだったので、茅の輪が用意されていました。

2013.12.30.aritoushi7.JPG
社務所を横に見つつ、石段を上に。
2013.12.30.aritoushi8.JPG

本殿(八意思兼命)
2013.12.30.aritoushi17.JPG

左脇宮(事代主大神、少彦名大神)
2013.12.30.aritoushi19.JPG

右脇宮(市杵嶋姫大神、大国主大神)
2013.12.30.aritoushi18.JPG

平和宮
2013.12.30.aritoushi29.JPG

蟻通戎神社
2013.12.30.aritoushi30.JPG2013.12.30.aritoushi31.JPG

そして、本殿を囲う瑞垣の手前に一対の狛犬。
2013.12.30.aritoushi9.JPG2013.12.30.aritoushi10.JPG
情報によれば明治37年(1904)建立。
近寄りがたい場所にあるので自分では確認できませんでした。

2013.12.30.aritoushi11.JPG2013.12.30.aritoushi12.JPG
阿形のほうは残念ながら顔が半分欠けてしまってますね。
誤って転倒でもしてしまったのでしょうか。
2013.12.30.aritoushi13.JPG2013.12.30.aritoushi14.JPG
2013.12.30.aritoushi15.JPG2013.12.30.aritoushi16.JPG
蔓草のような葉が付着していますね。
もうちょっと整備していただければと思うのですが。。。

そして同社にある狛犬のメインとしてはこちら。
2013.12.30.aritoushi21.JPG
2013.12.30.aritoushi20.JPG
格子塀の内側にあってけっこう見づらいポジションなのですが、
境内には狛犬についての由緒書きまで用意されている丁寧ぶり。
2013.12.30.aritoushi22.JPG
一体しかなく、“巨大な自然石で造られ”とありますが、
たしかに天然自然のままではなく手を施した様子が伺えます。
普通に像にしようとして途中で諦めたとか??

で、一体だけだと寂しかろうと考えたのか、
平成8年の式年遷宮に対となるようもう一体新たに作ったそうなのですが。。。
2013.12.30.aritoushi23.JPG
第一印象・・・・・・でかっ!
2013.12.30.aritoushi24.JPG
この画像だけだと分かりづらいかもしれませんが、
背丈、長さ、いづれをとってもじゅうぶん成人男性のそれといい勝負。
(スケール持参でちゃんと計測すればよかった。)

2013.12.30.aritoushi25.JPG
2013.12.30.aritoushi26.JPG
まあ、確かにオリジナルの自然石風狛犬(?)も相当な大きさですけどね。
向きが同じ方向で座っているのは敷地の都合もあって
今の場所しか設置できなかったからではと推測。
でも、オリジナルが通常の吽形サイドに居るかたちなので
普通なら吽形になるところを敢えて阿形として製作したのかもしれません。
由緒書きにはそこまで但し書きがないので真実は不明ですが。

2013.12.30.aritoushi27.JPG
2013.12.30.aritoushi28.JPG
玉乗り狛犬の形をとったのは、
そのほうが大型に製作できると考えたからでしょう・・・・・・知らんけど。
広島以西の山陽路に多い玉乗り。和歌山では珍しいと思います。

同社は当地、古くからかつらぎ町渋田地区の氏神様。
じつはこの渋田、拙者の母方の実家がある(あった)土地でございまして。
家系でいえば自分の氏神とはなりませんが、恥ずかしい話ながら
いままでその存在すらハッキリ認識していませんでした。
幼少時は祖母の家へしょっちゅう遊びに行っていた記憶がありますが、
この神社のことはまったく記憶に残っていません。
古い由緒のある神社のようなのに、惜しいことです。
2013.12.30.aritoushi32.JPG

(撮影日:2013年12月30日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。