So-net無料ブログ作成

幣殿の囲いがちょっと惜しい・・・ [狛犬・寺社(青森県)]

青森県平川市館山板橋の神明宮。
2013.08.14.sinmeigu1.JPG
ご祭神は天照大神。
旧村社ということのようですが、社号標にある村社の文字は消されてますね。

御由緒略記が境内入口にあるのですが、
2013.08.14.sinmeigu22.JPG
大浦為信ってダレよ?

で、後で調べたら戦国期~江戸初期の武将で
地元津軽弘前藩の初代藩主だそうですが、
こういうローカルな神社だと由緒書きの中身もローカル仕様になって
県外から来た自分のような者だと人名とか地名が理解できないんですよね。
まあ、かといって詳しく書いても長ったらしくなるだけだし、
だいいち読むのが疲れますわな。

参道すぐに二の鳥居があるのですが、その手前には龍柱。
2013.08.14.sinmeigu2.JPG
2013.08.14.sinmeigu3.JPG2013.08.14.sinmeigu4.JPG
対であるので〆柱なんでしょうが、龍の彫りがあるのはやはり地域性?

鳥居の脇には一台だけの、台座だけの台座(←なんか変?)があります。
2013.08.14.sinmeigu5.JPG
2013.08.14.sinmeigu6.JPG
台座の形から察するに、これにはご神馬が乗せられていて、それはブロンズ像で、
戦争時に金属供出で持っていかれてしまった、、、という筋書きではなかろうかと。
根拠無く書いてますが。

そして、狛犬一対目。
2013.08.14.sinmeigu7.JPG2013.08.14.sinmeigu8.JPG
大正11年(1922)7月16日建立。
津軽でよく見かける半構えです。
2013.08.14.sinmeigu9.JPG2013.08.14.sinmeigu10.JPG
2013.08.14.sinmeigu11.JPG2013.08.14.sinmeigu12.JPG
大きな耳が左右につんと広がっているのが特徴的ですね。

拝殿、そして本殿ですが。。。
2013.08.14.sinmeigu13.JPG2013.08.14.sinmeigu14.JPG
先に幣殿としての構造物があるのかどうか判別できなかったのですが、
雪除けであろう遮蔽物のために左右に鎮座する狛犬が分断されています。
2013.08.14.sinmeigu15.JPG

拝殿寄りの小ぶりなほう。
2013.08.14.sinmeigu16.JPG
明治44年(1911)6月15日建立。
正面から拝めないのが残念無念。
全体の大きさに比して尾が大きいのが特徴ですね。

そしてもう一対の大きなほう。
2013.08.14.sinmeigu17.JPG
明治27年(1894)9月16日建立。
彫りは小ぶりのほうに比べてもややシンプルで尾付。
しかもこちらの子は向かって右なのに口を閉じている印象。

ということで、反対側に回って見たところ、、、
2013.08.14.sinmeigu18.JPG
2013.08.14.sinmeigu20.JPG
やはり先ほどのものに比べて口は開き気味。
阿吽の配置が通常とは逆ということでしょうか。

2013.08.14.sinmeigu19.JPG
小ぶりなほうの阿吽は通常の配置のようですね。

2013.08.14.sinmeigu21.JPG
引いて見るとこんな感じなんですが、やっぱり阿吽を隔てる壁が。。。
雪国仕様になってしまいますね。

(撮影日:2013年8月14日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。