So-net無料ブログ作成

赤いのと、赤錆と、、、 [火の見櫓(青森県)]

青森県南津軽郡大鰐町八幡館の火の見櫓。
2013.08.14.hachimandate1.JPG

東北道大鰐弘前インターより国道7号~県道13号経由で数分の場所。
集落のメインストリート(?)沿いの空き地の一角に立っており、
隣接する消防団屯所の類は見当たりませんが、
少し東へ走ったあたりに分団倉庫は存在するようです。

火の見はこの地方独特の朱塗り色。
が、この子は赤錆もけっこう目立って出ている具合で、
もともとの色に被って中途半端に変色している感じです。

丸型屋根上部の避雷針はスッと尖った、いかにもといった風で、
見張り台にはちゃんと半鐘が残されています。
2013.08.14.hachimandate2.JPG
が、半鐘もあまり手入れがなされていないのか、
錆がけっこう出ている様子なのが残念。
スピーカーが付属していますが、
櫓全体が朱色系なので、いつも以上に目立っています。

梯子は途中で切り返されているのですが、
踊り場らしきものは見当たりません。
2013.08.14.hachimandate3.JPG

足元の梯子の上り口は,
くねっと曲げられています。
2013.08.14.hachimandate4.JPG
これってよそでもたまに見かけますが、
なにか機能的または構造的に有用なんでしょうか?

そしてたまたまでしょうが、隣の民家の外壁も朱(赤茶?)色でした。
2013.08.14.hachimandate5.JPG
こういうのは風景の調和とは言わないでしょうけどね(^^;

(撮影日:2013年8月14日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。