So-net無料ブログ作成
検索選択

啄木も気に入った(?)盛岡天満宮の狛犬 [狛犬・寺社(岩手県)]

盛岡市新庄町、盛岡天満宮。
2013.08.13.morioka1.JPG
盛岡市街地にあって東よりの小高い丘の上に鎮座しています。
2013.08.13.morioka2.JPG
ここは明治の歌人、詩人として名高い、石川啄木所縁の神社として有名で、
彼が20歳の時に執筆した小説「葬列」のなかに登場する狛犬が存在します。
2013.08.13.morioka3.JPG

啄木は現在の盛岡市玉山区日戸において寺の住職の子として生まれ、
盛岡で長年生活を続けており、その間にしばしばこの天満宮を訪れていたらしく、
当時は「天神山」と呼ばれ、散策と読書の場所として好んでいたようです。

小説「葬列」のなかにある一節↓。

「……自分は圖らずも懷かしい舊知己の立つて居るのに氣付いた。
舊知己とは、社前に相對してぬかづいて居る一双の石の狛である。
……(中略)……よく見ると實に親しむべき愛嬌のある顏だ。
全く世事を超越した高士の俤、イヤ、それよりも一段もつと俗に離れた、
俺は生れてから未だ世の中といふものが西にあるか東にあるか知らないのだ、
と云つた樣な顏だ。……」

というわけで、件の狛犬はどうやらこの子達のようでありまして。
2013.08.13.morioka6.JPG2013.08.13.morioka7.JPG
明治36年6月建立。
近くに住む高畑源次郎が自身の病気平癒願いの叶えられた事を感謝し、
前年の管公一千年祭を記念して奉納したものだそうです。

2013.08.13.morioka8.JPG2013.08.13.morioka9.JPG
中小型規模ではじめちゃんタイプの珍しいデザイン
この取材の中、三陸から遠野にかけてずいぶんと出会いがありましたが、
それらに比べてもオリジナル性溢れた作品であることが理解できます。
2013.08.13.morioka10.JPG2013.08.13.morioka11.JPG
2013.08.13.morioka12.JPG2013.08.13.morioka13.JPG
情報に拠れば高畑源次郎氏は石屋だったそうですが、
全体にはお世辞にも凝ったようには見えない淡白な彫りなので
もしかすると狛犬制作はこれが初めてだったのかも、
とも勘ぐってしまうほど技術的には稚拙なものです。
しかし一見して素人っぽさが感じられなくもないなかで
デザインバランスは不思議と整っていて阿吽とも独特の表情で愛嬌があり、
それが意図的に狙ったデザインであるならば、
高畑源次郎恐るべしといったところでしょうか。

これも遠野のカッパ狛犬と同様、一般の観光ガイドブックにも掲載されており、
お土産品として地元の南部鉄器によってミニチュア狛犬が制作販売されています。
そんな意味でも珍しい一対であると言えますね。

ちなみに狛犬たちは啄木の歌を刻んだ石碑の上に乗せられています。
2013.08.13.morioka4.JPG2013.08.13.morioka5.JPG
2013.08.13.morioka14.JPG2013.08.13.morioka15.JPG
阿形「夏木立中の社の石馬も/汗する日なり/君をゆめみむ」
吽形「松の風夜書ひびきぬ/人訪はぬ山の祠の/石馬の耳に」

ここに出てくる石馬とはすなわち狛犬のことです。
2013.08.13.morioka16.JPG

神社境内にはお稲荷さんがあり、狐も独特の表情。
2013.08.13.morioka17.JPG
2013.08.13.morioka18.JPG2013.08.13.morioka19.JPG
猛禽類のくちばしのような口元がなんともいえないです。

今回は訪問時間が夕暮れ時で写真撮影もフラッシュ無しで撮影可能な
ギリギリの時間でのバタバタした取材になりました。
もし再訪の機会があれば今度はゆったりとした気持ちで
狛犬たちと向き合いたいと思います。
2013.08.13.morioka20.JPG
お土産品の鉄器狛犬も買えなかったし。。。

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 1

長谷川

由緒ある狛犬みたいですが、こんなにほっとする映像はありません
まるで、やなせたかしさんがデザインしたような雰囲気です
この狛犬を見に行くだけでも盛岡に行く価値がありそうです
by 長谷川 (2016-01-29 11:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。