So-net無料ブログ作成

津波警報塔か? [火の見櫓(岩手県)]

大船渡市赤崎町の津波警報塔?
2013.08.13.akasaki2.JPG
赤崎小学校のあった場所より程近い高台に立っています。
2013.08.13.akasaki1.JPG
高台といっても山麓からは独立した台地のような場所で、
櫓の周辺にはお堂その他建物が建っているのですが、
大船渡市の津波被災地図をあてるとこちらも浸水範囲内になっています。
標高がいくらかあるということで、波の深度が浅くなって
助かった部分もあるのかもしれません。

櫓自体は火の見で括るにはちょっと厳しいデザイン。
2013.08.13.akasaki3.JPG
半鐘は立派なものが付いているのですが、
梯子の途中にあるため、打鐘は梯子に張り付いたままの姿勢になります。
2013.08.13.akasaki4.JPG
見張り台に該当する部分は人が立って歩けるほども高さがなさそうで、
中心には防災サイレンの装置が固定されています。

やはり当初よりサイレンなどを中心にした津波警報塔であったとみるのが
自然かなという気がします。
錆がきついのは、やはり海に近いからでしょうかね。

(撮影日:2013年8月13日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。