So-net無料ブログ作成

栄村中心地の火の見櫓 [火の見櫓(下水内郡)]

下水内郡栄村、北信の火の見櫓。
2013.06.09.hokushin1.JPG
村役場から程近い村の中心地に立ちますが、
役場自体がすでに新潟との県境至近なわけで、
信州最北端のまち、栄村ですから
この子がつまりは長野県最北の火の見櫓かも知れず。
でも、きっとまだ村内北部の山の中とかに何基もあるんだろうなぁ。

2013.06.09.hokushin2.JPG
2013.06.09.hokushin3.JPG
2013.06.09.hokushin4.JPG
デザインとしては前エントリーの平滝駅近くのものと同タイプ。
コンクリートベースの形状が少し違うくらいですかね。
なんで真ん中が窪んでいるんだろ?
櫓の基礎としてはこれで十分なのかもだけど、
ベタッと全体で打ったほうが型枠の手間が省けると思うのだが。
コンクリートのほうが高いってことか?

(撮影日:2013年6月9日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。