So-net無料ブログ作成

ウサギが神使の東天王 [狛犬・寺社(京都府)]

京都市左京区岡崎東天王町、岡崎神社。
2013.04.07.okazaki1.JPG
神社創建は延暦13年(794)の桓武天皇による平安京遷都に遡り、
王城鎮護のため四方に祀られた社のうちのひとつとされています。
陽いずる東の方位にあたることから、東天王と称されました。

で、この王城東の地一帯が野兎の生息地だったということ、
方位として東が卯であることなど、氏神の神使が兎となりまして、
現在の同社はウサギの神社として名を馳せているようで。。。

ただ、そうは言ってもしっかり狛犬さんも奉納されています。
2013.04.07.okazaki2.JPG2013.04.07.okazaki3.JPG
大正7年建立。

能舞台と神楽殿・・・というか、ステージ?
2013.04.07.okazaki4.JPG2013.04.07.okazaki5.JPG
拝殿前、石段下と建物際に狛犬さんが各一対。
2013.04.07.okazaki6.JPG
2013.04.07.okazaki7.JPG2013.04.07.okazaki8.JPG
2013.04.07.okazaki9.JPG2013.04.07.okazaki10.JPG
拝殿に近いほうの一対、体格もいいですが顔もデカイ。
よくテレビに出る某芸人さんに似ている気がしなくもないですが。。。

さて、本編のウサギさんです。

拝殿前に立つ石造ウサギ。
2013.04.07.okazaki11.JPG2013.04.07.okazaki12.JPG
まだ新しく、平成23年(2011)卯歳1月吉日。
干支の卯年を記念して建てられたということでしょうかね。
氏子奉納ではなく宮司名なので、神社主体の奉献だったようです。
2013.04.07.okazaki13.JPG2013.04.07.okazaki14.JPG
ちゃんと阿吽になっていて、表情も穏やかで可愛らしいです。
2013.04.07.okazaki15.JPG

拝殿の縁側には金運と縁結びの招き兎がいて、
2013.04.07.okazaki17.JPG
2013.04.07.okazaki18.JPG2013.04.07.okazaki19.JPG
提灯も兎の模様が施されています。
2013.04.07.okazaki16.JPG
兎柄の施しといえば、前出の狛犬の台座にも
兎が彫られているんですよね。
2013.04.07.okazaki26.JPG
画像はちょっと分かりにくいですが、確かにいました。

手水舎にも兎さん。
2013.04.07.okazaki21.JPG
2013.04.07.okazaki22.JPG
黒御影製で、子授け兎と言われています。
“月を仰ぎ体に力を満たしたうさぎであり、水を掛けてお腹を擦り祈願すると、
子宝に恵まれ安産になると信仰を集めている。”(by公式HP)

あと、摂社の雨社に神殿狛犬がいました。
2013.04.07.okazaki23.JPG
2013.04.07.okazaki24.JPG2013.04.07.okazaki25.JPG

岡崎神社公式HP

(撮影日:2013年4月7日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。