So-net無料ブログ作成

焼失後、地域住民の力で再建の社殿 [狛犬・寺社(安曇野市)]

安曇野市穂高有明、富田の伊夜比古神社。
2013.03.25.iyahiko1.JPG
ご祭神は天香久山命。
越後の弥彦神社から勧請受けた冨田地区の産土神です。

明るい色の鳥居をくぐると、ゆったりした境内が広がっています。
取材日はまだ残雪がありましたが、参道部分は雪はねされていました。
氏子さんの誰かが参拝者のために除雪してくれたのでしょうか。

拝殿と神社会館(神楽殿)。
2013.03.25.iyahiko2.JPG
まだ新しい建物に見えますが、これは平成4年の再建。
2013.03.25.iyahiko3.JPG
2013.03.25.iyahiko4.JPG
21年前にこの神社は火災に遭って本殿をはじめとする建物が全焼。
その後、地域の氏子さんたちが資金を出し合って、以前同様の姿に再建。
再建竣工を記念した石碑だけでなく、神楽殿の片隅に表記された
「火の用心」の看板が住民の思いを物語っています。
2013.03.25.iyahiko5.JPG
話によれば、神楽殿の大梁は
焼け残った旧神楽殿のものを再利用したものだそうで。
2013.03.25.iyahiko6.JPG2013.03.25.iyahiko7.JPG
立派な梁です。

狛犬は拝殿前に一対。
2013.03.25.iyahiko8.JPG2013.03.25.iyahiko9.JPG
平成7年(1995)建立の岡崎現代型。

本殿は一間社流造。
2013.03.25.iyahiko10.JPG
摂社たち。
2013.03.25.iyahiko11.JPG
八王子社、戸隠社、天照皇大神宮、水神社、秋葉社

御嶽山。
2013.03.25.iyahiko12.JPG
ところでこの神社は西向き社殿となっています。
安曇野でも他地方と同様に南または東向きが圧倒的多数なので、
珍しいですね。なにか謂れがあるのでしょうか。

(撮影日:2013年3月4日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。