So-net無料ブログ作成

阿吽が反対のはじめ的明治年間の狛犬 [狛犬・寺社(安曇野市)]

安曇野市豊科南穂高、細萱の細萱洲波神社。
2012.10.01.hosogaya1.JPG
国道147号線を豊科から穂高へ向かう途中、細萱交差点の一角に立っています。

洲波神社という文字ですが、読んでそのまま「すわ」→「諏訪」となります。
2012.10.01.hosogaya20.JPG
ご祭神:
建御名方命
事代主命

参道入口の脇に建つ道祖神。
2012.10.01.hosogaya2.JPG

さらにその傍らに建つ摂社。
2012.10.01.hosogaya3.JPG
2012.10.01.hosogaya4.JPG
鳥居はなぜうんと背が低いです。
もともと地面がもっと低かったのでしょうかね?

参道をしばらく歩くと一の鳥居。
2012.10.01.hosogaya5.JPG

その手前にいる一対の狛犬。
2012.10.01.hosogaya6.JPG2012.10.01.hosogaya7.JPG
明治26年(1893)9月建立。
2012.10.01.hosogaya8.JPG2012.10.01.hosogaya9.JPG
近代の狛犬ですが、デザインは素朴感があり、
やや図体は大きいものの、はじめちゃんの印象もなくはないです。
2012.10.01.hosogaya10.JPG2012.10.01.hosogaya11.JPG
阿吽が左右反対に据えられているんですね。
もとは順置きだったのかもしれませんが、
当初からこうであったと主張できる理由と同様、
いづれにも裏づけがないのでなんともいえません。
2012.10.01.hosogaya12.JPG2012.10.01.hosogaya13.JPG

参道を歩いた先の境内は国道からかなり奥まった場所に広がっています。
2012.10.01.hosogaya14.JPG
2012.10.01.hosogaya15.JPG
2012.10.01.hosogaya16.JPG

きれいな神楽殿と旧社務所。
2012.10.01.hosogaya17.JPG
2012.10.01.hosogaya18.JPG
旧としたのは、社務所はこの取材後に建て直しとなりまして、
画像は在りし日の面影となってしまいました。

新しい社務所はこちら。
2012.10.01.hosogaya24.JPG
(2014年2月5日撮影。)

拝殿。
2012.10.01.hosogaya19.JPG
内部は土間になっているようです。
2012.10.01.hosogaya21.JPG

一間社流造の本殿。
2012.10.01.hosogaya22.JPG

同社前の国道は車の往来が激しく、自分も車でしか通らない場所なので
いままで立ち寄ることなどなかったのですが、とても静かで清潔な境内には
ゆっくり歩いて立ち寄ってみたい感じがしました。
2012.10.01.hosogaya23.JPG

(撮影日:2012年10月1日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。