So-net無料ブログ作成

山裾に鎮座する立派な社叢の名社 [狛犬・寺社(松本市)]

松本市梓川、梓の大宮熱田神社。
2013.03.08.oomiyaatsuta1.JPG
創建は平安期より以前まで遡ると推定。
梓川の水の恩恵を受ける里の守り神として
現社の西方にある本神山の山頂(1283m)に
梓水大神を祀ったのが始まりとされていて、
のちに祭事や参拝者の便を計るために里に下りて現在地に遷座し、
さらに天照大神、熱田大神、八幡大神の三神を合祀し、
現在に至っているといったところです。

山麓沿いに鎮座しているとはいえ山裾から少し離れているため、
社叢は山の森林から独立しており、非常に立派な鎮守の森を
単独で形成しています。
2013.03.08.oomiyaatsuta2.JPG

鳥居の傍らに立つモミの木は、樹齢約600年と推定。
2013.03.08.oomiyaatsuta3.JPG
県の天然記念物に指定されています。
画像はないですが、境内には樹齢1000年ともいわれるネズコの木があったり、
神社の歴史の深さを肌で感じることができます。

手水舎。
2013.03.08.oomiyaatsuta4.JPG
神楽殿。
2013.03.08.oomiyaatsuta5.JPG
縁側の下になぜか古い農機具が。
2013.03.08.oomiyaatsuta6.JPG
境内の一角に、古い絵馬や扁額が展示されています。
こういう見せ方は珍しいですね。
2013.03.08.oomiyaatsuta7.JPG
拝殿。
2013.03.08.oomiyaatsuta8.JPG
注連縄が立派です。

本殿は杮葺で一間社流造。
2013.03.08.oomiyaatsuta9.JPG
室町期の建立とされ、国重要文化財指定を受けています。
これまた画像が残念ながらありませんが、
境内摂社の八幡宮の社も同じく国重文です。

さて、狛犬。
まず参道狛犬として、拝殿前に一対。
2013.03.08.oomiyaatsuta10.JPG2013.03.08.oomiyaatsuta11.JPG
大正11年4月、建立。
松本手まりでしょうか。阿吽ともに手にしています。
恐竜顔ですが、オリジナル性がありますね。

拝殿内に、神殿狛犬が二対居ました。

一対は石造の小型。
2013.03.08.oomiyaatsuta12.JPG2013.03.08.oomiyaatsuta13.JPG
なぜか阿吽が逆に置かれていました。

そして大宮熱田神社といえば、この子達でしょう。
2013.03.08.oomiyaatsuta14.JPG2013.03.08.oomiyaatsuta15.JPG
なんともはや、初めて目にしたときはびっくりしましたが、
狛犬講座をさせてもらったカフェバロのマスターの話によると、
木製狛犬の彼らの塗装は木曽漆塗りだそうです。
なるほど赤黒の色使いは漆塗りのそれですね。
派手な彩色の多い神殿狛犬ですが、
そのなかでもけっこう異彩を放っていますね。

メジャーな観光ルートから外れていますが、
だからこそ古社が持つ荘厳な静寂と
大社のもつ威厳の双方を同時に感じられる名社になっています。
穴場という言い方は語弊がありますが、
おすすめの神社です。

(撮影日:2012年6月3日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。