So-net無料ブログ作成

駐車スペースにもなっている? [火の見櫓(松本市)]

松本市波田、下波田の火の見櫓。
2013.01.21.shimohata1.JPG
民家や堂、神社が建ち並ぶ古くからの集落の中心地。
7区公民館に隣接していて、下波田のバス停も火の見櫓正面に立っています。
足元には道祖神や秋葉様の石碑もあります。
2013.01.21.shimohata5.JPG
2013.01.21.shimohata6.JPG

2013.01.21.shimohata2.JPG
隣に立つのは山車の保管庫でしょうね。
波田地区のことはあまり詳しくないのですが、
鎮守の神様のお祭り日にはここから山車が運び出されるのでしょう。

見張り台にはラッパのようなスピーカーがうじゃうじゃ。
2013.01.21.shimohata3.JPG

踊り場は2段になっていて、下段側は脚内の半分ほどの面積。
2013.01.21.shimohata7.JPG

足元の4面のうち道路側のみアーチ状に仕上ています。
2013.01.21.shimohata4.JPG
こういう場合、たいてい梯子は脚内に付いているための進入口になっているのですが、
ここの梯子の脚部は外部側に設置されています。
ベースのコンクリートを見ると法を取っているので、
駐車スペースとして活用されている(いた)ようですね。
たしかに、背丈の高いタイプでなければ入庫できそうな感じです。

(撮影日:2012年12月27日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。