So-net無料ブログ作成

松本型狛犬のいる、御柱の立つ神社 [狛犬・寺社(上伊那郡)]

上伊那郡辰野町、三輪神社。
2013.01.06.miwajinja1.JPG
辰野駅を出て線路沿いに諏訪方面へ向かい、踏切を渡ってすぐの場所。

ご祭神は、
大己貴命(おほなむちのみこと)
建御名方命(たてみなかたのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)。

創建年ははっきりしていないようですが、
別の場所に祀られていたのを天正年間(1573~1592)、
現在の地へ移されたといわれています。
名前や祭神からして奈良県桜井市三輪の大神(おおみわ)神社系かと思われますが、
やはり建御名方命を祭る諏訪信仰あって御柱を立てて祭りを行っているようです。

狛犬は一対。
2013.01.06.miwajinja3.JPG2013.01.06.miwajinja4.JPG
江戸亜流の松本型。
松本平一円で見かける、鬣の流麗なスタイルですね。
2013.01.06.miwajinja5.JPG2013.01.06.miwajinja6.JPG
2013.01.06.miwajinja7.JPG2013.01.06.miwajinja8.JPG
昭和6年10月建立。
石工として記銘があるのは田近勝之、田近正一の2名。
やはりこの一対も、松本型の彫師としてよく名の挙がる田近氏の制作でした。
松本市内や松川村の鈿女神社あたりの同氏の作に比べると
すこしおとなしめの印象もありますが、良作に違いないと思います。

拝殿があり、本殿の間にもうひとつ建物あるのは祝詞殿だそうです。
こういう形式は珍しいですね。
2013.01.06.miwajinja2.JPG
2013.01.06.miwajinja12.JPG

本殿は覆屋に囲まれています。
2013.01.06.miwajinja11.JPG
2013.01.06.miwajinja10.JPG
文政11年(1828)建立。
棟梁は諏訪の宮大工小口直四郎代昌。
立川流二代目・立川和四郎富昌の弟子で、本殿は辰野町の有形文化財指定。
覆屋のため肝心の本殿がしっかり鑑賞出来ないのはちょっと残念ですね。

ところで拝殿の正面上部に大きな蜂の巣が目に付いたのですが、
その背後になにやら人型の彫刻が。
2013.01.06.miwajinja9.JPG
本殿には仙人の彫り物があるというので、その類かと思われますが、
それにしても顔が見えないと…。

(撮影日:2013年1月6日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。