So-net無料ブログ作成

電波塔とコラボする火の見櫓 [火の見櫓(上伊那郡)]

上伊那郡辰野町、小野下町の火の見櫓。
2013.01.06.onosimomachi2.JPG
プロポーションがいいですね。

近所に明倫館という近代建築遺産が建っています。
2013.01.06.onosimomachi6.JPG
明治36年(1903)に「明正学校」として建設された建物で、
のちに旧小野村役場としても活用されたそうですね。
明倫館という名称になったのは昭和50年。
建物前には大正14年建立の道路本標が立っています。
2013.01.06.onosimomachi7.JPG
現在建物は青少年育成道場ということで、各種の教室などに活用されているようです。

この明倫館のある方向から火の見櫓を見ると
南方に立つNTTの電波塔とコラボする画像となります。
2013.01.06.onosimomachi5.JPG
見た目の美しさという比較が許されるならば、やはり火の見櫓に軍配が。。。

細部のデザインは先の記事で紹介した辰野スタンダードともちょっと違いますね。
2013.01.06.onosimomachi3.JPG
2013.01.06.onosimomachi4.JPG
屋根の庇を波型にしたり、真四角の見張り台に付く手摺の装飾も凝っていますし、
足元はブレースの納めではなくトラスにアーチを付加したデザイン。

一部塗装の剥げかかっているところもありますが
全般には美しさを保っていて、お日様の光に輝いていました。
2013.01.06.onosimomachi1.JPG

(撮影日:2013年1月6日撮影)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。