So-net無料ブログ作成

道路元標と共に立つ火の見櫓 [火の見櫓(福島県)]

福島県河沼郡会津坂下町、塔寺の火の見櫓。
2012.08.15.toudera2.JPG
前エントリーの心清水八幡神社の程近い場所、
越後街道の国道49号に対する旧道のような路線沿いにあります。
2012.08.15.toudera1.JPG
隣家の壁色と消防団詰所のシャッターの色に合わせたかのような色具合。
デザイン的というより単に防錆塗装だと思いますが、錆ではなく最初から赤色のようです。
背丈はさほどではなく、踊り場はなし。
見張り台は三角形を面取りしたような変則6角形。
半鐘はあるものの、現在使用されているかどうか。
2012.08.15.toudera3.JPG
2012.08.15.toudera4.JPG
2012.08.15.toudera5.JPG
足元には道路元標があるのですが、記銘は“八幡村”。
昭和30年に会津坂下町として合併するまで存在した村のようです。
昔からの村の中心地ということですね。

心清水八幡神社のすぐ近くと書きましたが、
同じようにこの火の見櫓の近所に恵隆寺と呼ばれる古刹があります。
2012.08.15.toudera6.JPG
2012.08.15.toudera7.JPG
立木観音とも呼ばれ、観音堂は重要文化財の指定を受けています。
堂内には42脾の千手観音像があり、これもまた重要文化財指定。
会津ころり三観音のひとつだそうです。(→参照:ウィキペディア「会津ころり三観音」

(撮影日:2012年8月15日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。