So-net無料ブログ作成

阿形だけ和平作の狛犬 [狛犬・寺社(福島県)]

数ヶ月ほど、ほったらかしにしていた昨夏実施した福島ツアーのレポート。
いい加減に仕上げないとと、正月休みを利用して怒涛のエントリーアップにチャレンジ中www

福島県石川郡玉川村川辺、八幡神社。
2012.08.14.kawabe1.JPG
八幡系の神社は全国レベルで圧倒的な数を誇っていますが、
ここ南福島一帯はそのなかでもかなり密度の濃いエリアと思われ。
なので地域(集落)の名を冠して言われることが多い様子で、
こちらの八幡さんも、川辺八幡神社などと称している記事をよく見かけますね。

で、狛犬さんは計2対。
参道入口にいるのは、こちら。
2012.08.14.kawabe3.JPG2012.08.14.kawabe2.JPG
昭和17年制作、石工は野田平業。
いかにも平業さんらしいデザインですが、
彼の作品のなかでは比較的おとなしい感じ、かな?

参道には随身門があり、随身像がいるかと思えば
仁王様が“ずんっ”と立っておりまして、
もう一対の狛犬その奥、拝殿前の石段の両脇に鎮座していました。
2012.08.14.kawabe5.JPG
2012.08.14.kawabe7.JPG2012.08.14.kawabe6.JPG
手前に立つ笠木の無い鳥居は、やはり震災によるものでしょうか。。。

2012.08.14.kawabe8.JPG
拝殿前の参道石段。

2012.08.14.kawabe15.JPG2012.08.14.kawabe16.JPG
阿形(右)は昭和36年制作で、石工は小林和平。
吽形(左)は昭和30年制作で、石工は味原勇。
似ているようでも、作者が違えばやはり作風は異なります。
2012.08.14.kawabe12.JPG
2012.08.14.kawabe10.JPG
なんでも元々あった阿形が壊れてしまったため、
和平氏に依頼して新しいものを作ってもらったのだとか。
当時和平はすでに80歳代に突入していて、
一説では孫の石工に助力してもらったのではという話も。
いづれにしても80代での作品となればそれだけでじゅうぶん力作ですね。

2012.08.14.kawabe13.JPG
境内の一角に立つ“さかさ杉”。
樹齢1000年ともいわれ、枝が下向きに伸びている珍しい巨木。

2012.08.14.kawabe14.JPG
本殿は覆い屋に覆われていました。

(撮影日:2012年8月14日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。