So-net無料ブログ作成

松本市奈川の火の見櫓4(追加調査) [火の見櫓(松本市)]

数ヶ月前に奈川地区の火の見櫓を立て続けに調査紹介しましたが、
透明タペストリーにて先日、同じく奈川の火の見櫓が一気に紹介されて、
自分の見落としていた火の見櫓のあることが判明。
っていうか、奈川は現場通いの道すがらにあるものだけを見ていて、
通り道から離れた場所のチェックが今まで出来ていなかったので、
これを良い機会とばかりに2箇所ほど新規開拓をば。

神谷集落の火の見櫓。
2012.08.30.1.jpg
まるでロケットのようなスタイル。
屋根が特徴的なんですね。
同じ奈川村内でもこの手のものは他には見当たらない模様。
2012.08.30.2.jpg
2012.08.30.3.jpg
タワー型なんだけれども背が低くて、
見張り台が4角形なのに屋根は10角錐。
うーん、面白い。

黒川渡集落の火の見櫓。
2012.08.30.4.JPG
黒川渡は地域が広いのかな?
普段は奈川支所や子安諏訪神社のあるバイパスを使うので、
所謂旧道となってしまった黒川渡の中心地は走らなくなってしまい、
その結果見落としてしまった火の見櫓。

幹線道路から川を挟んだ対岸の集落内に発見。
2012.08.30.5.JPG
近づいてみると、普通の民家の敷地内のような、
すぐに民家で行き止まりみたいな路地の傍らに立ってます。

半鐘、でかっ!
2012.08.30.6.JPG
なんとなく、見張り台についていたものを下ろしてきたような。
ハシゴをよくご覧あれ。
途中で切り離して半鐘を叩くところまで斜め掛けに直してる。
2012.08.30.7.JPG
見張り台に上がるの、怖い。
いや、降りる時のほうが怖いか?
っていうか、もう上に上ることもないか。。。

赤錆が激しくて、予算がつけばあとは一気に・・・
という印象をどうしても抱いてしまうのがちょっと切ない。。。

(撮影日:2012年8月25日、28日)


より大きな地図で 狛犬を巡る火の見ヤグラーな日々 を表示
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。