So-net無料ブログ作成

昔の名前で出ています、という神社 [狛犬・寺社(松本市)]

(2014/10/23、追記訂正あります。)

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

前回エントリーの続き。
上波田関連記事の3部作(?)最終回。

松本市波田が一昨年3月まで東筑摩郡波田町だったのは
近隣に暮らす私たちはもちろん知っていることですが、
この町名がかつて、昭和8年頃までは“波多”と表記していたこと、
自分はつい最近になって知った次第。

2012.06.09.18.JPG
田村堂など若沢寺の遺構が残る地に隣接する、波多神社。

2012.06.09.19.JPG
仁王門と明神(台輪)鳥居が並立している姿に
かつての神仏習合時代の面影をしのぶことができます。

さらには由緒を見ると、康治2年(1143)に熊野権現を勧請したらしく、
その点でも神仏習合の所縁を感じますね。
2012.06.09.27.JPG
社自体はそれ以前から存在していたようですが、年代は明記されていませんね。

本殿前に昭和3年8月建立の狛犬が一対。
2012.06.09.21.JPG
2012.06.09.22.JPG
台座の記銘によると、石工は名古屋の角田(?)大三郎(←※文末に訂正)
ご丁寧に“駒犬専門”という文字も彫られています。
名古屋の石工さんということもあってか、阿吽=獅子・獅子の組合せの点や
全体の印象などが岡崎型とイメージの被るところもありますが、
巻き毛の毛並みが豊かで、彫りのしっかりしたところにオリジナル性を感じます。

とくに注目は、吽形の足元で勝気な表情を見せている子獅子。
2012.06.09.26.JPG
口になにかを咥えているのですが、どうやらなにかの花のよう。
はじめは神仏習合の名残りから蓮の花かとも思ったのですが、
昭和の制作で習合の意識はすでになくなっている時代と考えているうち、
「獅子なんだから、やはりこれは牡丹でしょ」という結論に至りまして。
(もちろん、あくまで私見です。皆さんは何に見えますか?)
いづれにしても、こういうのは自分は今まで見たことがなく、
とても珍しいタイプだと思います。

社殿は一間社流造。
2012.06.09.23.JPG
ご祭神の六柱は男神女神混じっていますが、
千木は外削ぎで鰹木は5本の奇数と、男神の慣例に倣っています。
熊野の勧請を受ける前から祀られていたという
スサノオノミコトたちに準じた様式としたのでしょうね。

境内はとても厳かな鎮守の森に抱かれています。
2012.06.09.20.JPG
2012.06.09.24.JPG
針葉樹広葉樹が入り混じり、スギ・ケヤキ・コナラなどの古木が
古社の歴史を感じさせるに十分な雰囲気を醸し出していました。
若沢寺遺構とこの神社が上波田地区の町なみ整備事業の
ベースとなったであろうことを考えると、なんだかんだいっても
今も昔もお寺や神社がまちづくりの核になるのだということが感じられます。

(※)
(2014/10/23訂正)
岡崎の石工“巽彫刻”さんのHPに掲載の情報を拝見すると
「角田六三郎」の名前が出ていました。
名古屋市西区の石工ということですから、この角田六三郎が
波多神社の狛犬作者として差し支えないでしょう。
以上、原文そのままで、石工氏名の訂正をここに記します。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。