So-net無料ブログ作成

松本市奈川の火の見櫓2(控えめタイプ) [火の見櫓(松本市)]

このエントリーは
まちづくり・・・安曇野暮らし」に過去アップされた記事の転載です。

***************************************

“火の見”櫓と言っちゃっていいのか?、、、というタイプはどこにでもありますが、
これもまたそんなジャンルのひとつに数えられると思われるので、アップします。

2012.01.13.13.JPG
推定背丈、約2.5メートル。
・・・そんなにもないかも。

2012.01.13.11.JPG
2012.01.13.12.JPG
これ、かなりの傾斜地の中腹を拡幅整備した感じの道路の上方にあるのですが、
ヤグラーじゃなければおそらく気づくことはないだろう櫓に気づいていしまう自分っていったい・・・。

道路の下方にも上方にも集落があるようで、この櫓はその中間に位置する感じ。
なんていう位置関係よりもこの形状と大きさに関心が行くわけですが、
立っている位置がそもそも高台なので、櫓そのものを高くする必要がなかったのだと思います。

2012.01.13.14.JPG
半鐘はいまどきのすっきりした表面仕上げのタイプですが、
噂に聞く“中山式半鐘”のラベルをここで初めて拝見することが出来ました。
この中山式なるものが登録商標なのか商品名なのか、
はたまたこうした半鐘のスタイル全般を指していうものなのか、
真相は定かではありません。誰か知っている人がいたらコメントください。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。